一禅堂
www.ichizenn.com
日本の一番占い
icon矢印

ようこそ

未来のことに不安を感じるのは人間の自然な感情ですが、時代の変化や未知の出来事に対処するために、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。また、自分自身を信じ、前向きな変化に向かって努力することも大切です。

おみくじの順番(正確な吉凶の順)

   由来:一禅大師    阅覧:

 
おみくじは日本の伝統的な風習であり、縁起や運勢を占うものです。おみくじにはその結果に対して良い縁起があるとされていますが、一般的な考え方は以下のようなものです:

1.願い事が叶う可能性 - おみくじを引くことで、自分の願い事が叶う可能性が高まると信じられています。特に大吉や中吉を引くと、願いが叶うとの期待が高まります。

2.新しい出発や運気の向上 - 吉や小吉を引くことで、新しい出発や運気の向上が期待されます。それが健康や仕事、人間関係など様々な場面に影響すると考えられています。

3.悪いことの回避 - 凶や大凶を引いた場合、その内容に注意することで災いを回避するための警告として受け取られます。その後の行動や心構えに気を付けることが重要視されます。

4.人生の流れを受け入れること - おみくじの結果は、時には人生の流れや運命を受け入れるためのヒントともされます。良い結果であれば喜び、悪い結果であればそれを乗り越えるための力となると考えられています。

おみくじは、その結果だけでなく、それに対する自分の考え方や行動が重要であるとされています。そのため、結果にかかわらず、前向きな気持ちや行動が大切だという教訓を含んでいるとされています。


おみくじの結果が17種類のときの順番


17種類のおみくじ結果の内容を説明します。


17種のおみくじの順番


1. 大大吉(だいだいきち) - 非常に良い運勢。非常に大きな幸運が訪れることを示します。
2. 大吉(だいきち) - 良い運勢。大きな幸運が訪れることを示します。
3. 向大吉(むこうだいきち) - 今後大きな幸運が向かってくることを意味します。
4. 末大吉(すえだいきち) - 最後に大きな幸運が訪れることを示します。
5. 吉凶末分末大吉(よしあし いまだわからず すえだいきち) - 今の吉凶はまだわからないが、最後に大きな幸運があることを意味します。
6. 吉(きち) - 平凡ながら良い運勢。幸運を表します。
7. 中吉(ちゅうきち) - 平均的な幸運。良い結果を示します。
8. 小吉(しょうきち) - 些細ながら幸運を意味します。
9. 後吉(あときち) - 今はまだ良い結果が分からないが、後に幸運が訪れることを意味します。
10. 末吉(すえきち) - 最後に少しの幸運があることを示します。
11. 吉凶不分末吉(きちきょう わかたず すえきち) - 今の吉凶はまだわからないが、最後に少しの幸運があることを示します。
12. 吉凶相交末吉(きちきょう あいまじわり すえきち) - 幸運と不運が交差しており、最後に少しの幸運があることを示します。
13. 吉凶相半(きちきょう あいなかばす) - 幸運と不運が半々で、どちらかはっきりしない状態を意味します。
14. 吉凶相央(きちきょう あいなかばす) - 幸運と不運が中途半端で、はっきりしない状態を意味します。
15. 小凶後吉(しょうきょう のち きち) - 一時的に不運だが、その後に幸運が訪れることを示します。
16. 凶後吉(きょう のち きち) - 不運だが、後に幸運が訪れることを意味します。
17. 凶後大吉(きょうのちだいきち) - 不運だが、その後に非常に大きな幸運が訪れることを示します。

17種類のおみくじのある神社・仏閣:伏見稲荷大社(京都府):https://inari.jp/

おみくじの結果が12種類のときの順番


12種類のおみくじ結果の内容を説明します。


12種のおみくじの順番


1. 大吉(だいきち) - 最も良い結果。大きな幸運が訪れることを意味します。
2. 中吉(ちゅうきち) - 幸運があり、良い結果を示しますが、大吉ほどではありません。
3. 小吉(しょうきち) - 幸運があるが、程度はそれほど高くはありません。
4. 吉(きち) - 平凡な幸運。普通の結果を意味します。
5. 半吉(はんきち) - 幸運があるが、その程度は小さく、不安定な運勢を意味します。
6. 末吉(すえきち) - 最後に少しの幸運が訪れることを示します。
7. 末小吉(すえしょうきち) - 最後の方にわずかな幸運があることを意味します。
8. 凶(きょう) - 不運な結果。警戒が必要なことを示します。
9. 小凶(しょうきょう) - 少しの不運がありますが、それほど大きなものではありません。
10. 半凶(はんきょう) - 不運があるが、その程度は小さく、不安定な状態を意味します。
11. 末凶(すえきょう) - 最後の方に不運が訪れることを示します。
12. 大凶(だいきょう) - 最も悪い結果。大きな不運が訪れることを予示します。

12種類のおみくじのある神社・仏閣:日枝神社(東京都)https://www.hiejinja.net/


一般的神社・仏閣7種類の順番(正確な吉凶の順)



おみくじの順番は、神社や寺院によって微妙に異なる場合がありますが、一般的には以下のような順番で吉凶が表示されます。


7種のおみくじの順番


  1. 大吉(だいきち) - 最も良い結果。大きな幸運が訪れることを示します。
    2.吉(きち) - 平凡な幸運。普通の結果を意味します。
    3.中吉(ちゅうきち) - 吉よりも良いが、大吉ほどではない幸運を表します。
    4.小吉(しょうきち) - 幸運ではありますが、程度はそれほど高くはありません。
    5.末吉(すえきち) - 少しの幸運があることを示しますが、それほど大きなものではありません。
    6.凶(きょう) - 不運な結果。警戒が必要なことを示します。
    7.大凶(だいきょう) - 最も悪い結果。大きな不運が訪れることを予示します。

    ただし、神社や寺院によってはこの順番が微妙に異なる場合があります。訪れる際には、その場所特有のおみくじの吉凶の順番を確認することが良いでしょう。

おみくじまとめ

おみくじの結果に従って、幸運を呼び込むための行動を考えることが一般的です。良い結果でも悪い結果でも、前向きな考え方や行動が重要視されます。おみくじは日本の文化で、神社や寺院での参拝やイベントにおいて多くの人々が楽しんでいます。その結果には個々の解釈やアドバイスがあり、人々の日常生活に深い影響を与えています。

永続的な伝統

寺院

寺院(じいん)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている。

寺院も神社建築と同様、その多くは日本古来の木造建築である。しかし現代では、建築基準法や消防法の規定上、法定の規模を超える建物は鉄筋コンクリートとすることが義務化されており、昔のように大きな建物を木造とすることができない。そのため、大規模な寺院建造物には鉄筋コンクリート造が増えてきている。また、ビル形式の寺院や近代的モダン寺院も出現するなど概観のデザインも多様化しており、一目では仏教寺院と認識できないものも少なくない。また、寺院の伽藍配置や建物の用途、名称は、神社のように統一されておらず、宗派や各時代によって異なっている。