一禅大師
www.ichizenn.com
日本の一番占い
icon矢印

ようこそ。

目まぐるしく変化していく世の中を見ていると、どうしても将来に不安を感じてしまいますよね。でも、少し未来のあなたの状況を知ることができれば、安心してその出来事を受け入れられると思うのですね。 神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。 心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

自分の本質を知るためのヒント

   由来:一禅大師    阅覧:

自分の好きなことを知ること


自分の本質を知りたいときは、まずは自分の好きなことは何かと言うことを振り返ってみましょう。


意外と自分の好きなことに本質が隠れている場合があります。仕事などであればいやいや行っていることも多いですよね。


嫌だと思って行っていることに関しては、あなたの本質は表れにくいです。なので、仕事などの義務感で行っていることでなく趣味など好きなことをチェックしみましょう。


気が短いと思っている人でも実は趣味の限定グッズであれば何時間も並んで購入することができるという一面がある場合もあります。


その場合は、あなたの本質は短気な部分でなく集中力があるということでもあると思います。


趣味に対する向き合い方をチェックすることであなたの本質を知ることもできるでしょう。意外と普段のあなたから想像することができないことを行っている場合もあります。


その場合は、普段のあなたよりも趣味に向き合っているあなたの姿の方が本質的であるといえるはずです。


あなたは、自分には特技も何もないと感じているかもしれません。でも、意外と趣味など遊びの方からアプローチしてみると意外な特技を見つけることもできるでしょう。


遊びは遊びかもしれませんが、仕事や人生につながるヒントもたくさん含まれているということを覚えておいてください。

周囲の人に意見を聞いてみる



自分で自分の本質がわからないときは、身近な人に意見を聞いてみましょう。自分で見ている自分と違い、第三者が見た自分が全く違うということもよくあります。


なので、自分のことがよくわからなくなったときは身近な人に聞いてみましょう。あなたが自分で気づいていない長所を見つけることができることも多いでしょう。


また、人によっては言うことが違う可能性も高いので注意してください。あなたが素顔を見せることが多い相手の方が本質をついているかもしれません。


よそ行きの顔を見せる相手であれば、かっこつけたあなたのことしか知らない可能性も高いと言えます。


だからこそ、あなたが見せたいと思っている自分の姿を相手も見ているだけであるということもあるでしょう。


さらに、昔からあなたのことをよく知っている人がいればその方に意見を聞くこともおすすめです。


子供から大人になると良くないところは矯正していくことが多いので大人になってから出会った人よりも昔からあなたを知る人の方が本質をよく知っている場合も多いでしょう。


あなたが知りたいのはあなたの本質ですよね。なので、その気持ちを大切にして丁寧に相手に聞くようにしてください。


最初は、あなたが思っていなかった答えを聞くことが多いかもしれません。違うと思ってもとりあえず聞き入れるようにしましょう。


そうしないとあなたの本質に出会うことは難しいと言えます。自分で意見を選定している時点で自分の考えに寄せていると言えるからです。


誰かに頼って自分探しを行うことも悪くはありません。自分を探し続けると新しい発見があるので楽しみにしてみましょう。

残された時間が短ければ何をするのか考えてみる



突拍子もないお題ですが、自分の人人生で残された時間が少ないと仮定してください。今は、人生の終わりなんて想像をすることができない年齢かもしれません。


だからこそ、人生の終わりを想像してみましょう。あなたも小説なんかを読んだ後に想像をしたことがあるかもしれません。


誰かと人生最後の日に何をするか?ということを話題にしたこともあるでしょう。そのときの答えも1人ずつ違ったはずです。


なので、人生最後の1日の過ごし方にもあなたの本質が表れると言えるでしょう。不思議ですよね。


人生最後の日であっても穏やかに過ごそうとする人もいれば、今までやりたかったことを全て詰め込んで忙しく過ごす人もいます。


それ以外にも昨日までと同じ1日を過ごそうとする人もいるはずです。それぞれ違っていて良いのです。


違っているから面白いとも言えますよね。この話題で会話をすれば、自分の本質だけでなく人の本質を知ることもできるはずです。


仲が良い人とワイワイ会話をしながら自分探しをするのも楽しいかもしれません。ただし、かっこつけた内容でなく素の自分で話す必要があります。


あなたらしさの中に自分があるはずなので、あなたの本質が見つかるはずです。


永続的な伝統

寺院

寺院(じいん)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている。

寺院も神社建築と同様、その多くは日本古来の木造建築である。しかし現代では、建築基準法や消防法の規定上、法定の規模を超える建物は鉄筋コンクリートとすることが義務化されており、昔のように大きな建物を木造とすることができない。そのため、大規模な寺院建造物には鉄筋コンクリート造が増えてきている。また、ビル形式の寺院や近代的モダン寺院も出現するなど概観のデザインも多様化しており、一目では仏教寺院と認識できないものも少なくない。また、寺院の伽藍配置や建物の用途、名称は、神社のように統一されておらず、宗派や各時代によって異なっている。