一禅堂
www.ichizenn.com
日本の一番占い
icon矢印

ようこそ

未来のことに不安を感じるのは人間の自然な感情ですが、時代の変化や未知の出来事に対処するために、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。また、自分自身を信じ、前向きな変化に向かって努力することも大切です。

神社仏閣おみくじの起源について

   由来:一禅大師    阅覧:


この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.

本页面的文字允许在知识共享 署名-相同方式共享 4.0协议GNU自由文档许可证下修改和再使用。


    日本の神社仏閣を訪れると「おみくじ」と呼ばれる紙が置かれており、多くの観光客がその紙を引いて将来の運勢を占うそうです。 おみくじには長い歴史があり、常に人気のあるおみくじには、漢詩や古典和歌を現代風に解釈したものが添えられています。 昨今、海外からの観光客の増加に伴い、多言語対応のおみくじの人気が高まっています。 今回は「神様くじ」について詳しく見ていきましょう。
おみくじ


「おみくじ」とは何ですか?

おみくじは千年近い歴史があり、その始まりは古代にあると言われています。 古代、人々は神の声を聞き、国の運命を予測したり、後継者を選んだりするために宝くじを利用しました。 多くの神社仏閣でみられる現在のおみくじの原型は元三慈恵大師良源の創始とされている(比叡山の元三大師堂は「おみくじ」発祥の地として知られる)。元三大師が観音菩薩より授かったとされる五言四句の偈文100枚のうち1枚を引かせ、偈文から進むべき道を訓えたのが原型とされる。籤に番号と五言四句が記されているのはこの偈文100枚が由来である。


その後、宝くじは徐々に個人の将来の全体的な運勢を予測したり、健康、仕事、結婚、キャリア、学業、旅行などの特定の運勢を予測したりする個人の運勢を予測する方法へと発展していきました。


おみくじの起源

実は元三慈恵大師良源上人(912~985)が仏教各宗の寺院や神社で行われている「おみくじ」の創始者であることは案外知られていない。慈恵大師が観音菩薩に祈念して偈文(げもん)を授かった観音籤(くじ)が起源と言われる。また、元三大師が如意輪観世音菩薩の化身であると言われているところから、「観音籤」の名があるともいわれる。

江戸時代初期、東京上野の寛永寺に黒衣の宰相といわれた天海大僧正(1536~1643)という方がおられた。天海大僧正は常々慈恵大師に深く帰依されていたが、夢枕の中に慈恵大師が現れて、「信州戸隠山明神の御宝前に観音百籤あり。これは、後世複雑な社会において人々の困難を救うために観音菩薩に祈念していただいた、いわば処方箋ともいうべきである。これを私の影像の前に置いて信心をこらして吉凶禍福を占えば、願いに応じて禍福を知ることができるであろう。そうして衆生を利益せよ」というお告げをいただいた。早速に人を戸隠に派遣して確かめると、偈文百枚が納められていたという。

『観音経』には「浄聖なる観世音菩薩を念じ、念ぜよ。疑いを生ずることなかれ。観世音菩薩は苦悩や死や厄災において、頼みとして最高の救世主である」と説かれている。番号を付けた百本の籤を小さな穴のあいた箱に納め、至心に祈りながらそのうちの一本の籤を得て、引いた番号に相応した偈文によって、願う事柄の吉凶を判断すると、的確な指示が得られたのであった。現今の神社仏閣で気軽に引けるおみくじは、この「元三大師百籤」から発展したもので、人間の運勢、吉凶を五言四句の偈文(漢詩百首)や和歌(神社に多い)にまとめ、一番から百番まで連番をふり、引いた番号に書かれた文面で占うものである。


おみくじ


近江蓮の価格は神社仏閣によって異なりますが、100円~500円程度が一般的です。 魔法のステッキを手に入れるためには、まず角筒や円筒の中にある「魔法のステッキ」を振って、数字に対応した神くじを引きます。 しかし、現在では、自動抽選機でライオンのロボットがくじを配ったり、猫や鳩のマスコットからくじを引いたりするなど、さまざまなくじ引き方法も登場しています。 学問の神として知られる金天満宮は、観光客がコインを投入すると、彼らのライオンロボットが神籤を提示する「宝くじ機」を発売した。


おみくじ


「おみくじ」の読み方

皇室宝くじを引いた後は、上記の宝くじの解答内容をよくお読みください。 このうち皇室宝くじは、「大吉」「吉」「中吉」「小吉」「凶」に分けて、将来の総合的な運勢を示し、「大吉」「吉」を表します。それぞれ「大吉」「中吉」、「大吉(とても良い運気)」から「小吉(少し良い運気)」まで運勢を整理しています。 「高いものから低いものまで、そのうち「悪い運(悪い運)」は最後に並びます。



「大運」のくじを引くと、日本旅行中に素晴らしい体験が待っていることを意味します。 残念ながら「不運」の宝くじに当たったとしても、落胆しないでください。 長い間、皇室宝くじは運を変える方法を提供します。宝くじをよく読んでください。

御神籤の取り扱いについては、各神社仏閣によって独自の規定がございますが、一般的には、大吉や普通の運で御神籤を引いて持ち帰ると、必ず福が訪れるとされています。縁起の悪い籤を手に入れたら、それを寺や神社の中庭の指定された場所に結びつけます。 神社仏閣ごとに指定場所は異なるが、観光客向けに厄除け籤を結ぶしめ縄も用意する。 神蓮が白い花のように枝にたくさん垂れ下がっていますので、ぜひご覧ください。

外国人観光客の増加に伴い、おみくじの多言語化が進んでいます。 おみくじは、以下を含む全国の神社仏閣で受けることができます。 未来がどうなるか知りたいですか? 神社仏閣を訪れた際には、将来の幸運を祈願してぜひおみくじを引いてみてください!



この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.

本页面的文字允许在知识共享 署名-相同方式共享 4.0协议GNU自由文档许可证下修改和再使用。





当您参观日本的神社或寺庙时,您会发现一张称为“御神签”的纸。 神签历史悠久,历来流行,有中国诗歌和日本经典诗歌的现代诠释。 近年来,随着海外游客数量的增加,多语言神签的受欢迎程度也不断提高。 这次,让我们仔细看看什么是“御神签”。

什么是“神签”?

神签已有近1000年的历史,据说始于远古时期。 在古代,人们聆听神的声音,用御神签来预测国家的命运并选择继承人。现在许多神社和寺庙中都可以看到的神签的原型,据说是由三慈恵大师良源创建的(比睿山的元山大师堂被称为“神签”的发源地)。 据说,观世音菩萨所赐的五言四偈一百偈中,元山大师得到其中之一的传授,并从该偈中得到了应遵循的方法。 神签上写着的数字和五言四句,就是因为这一百偈。

之后,御神签逐渐演变为一种预测个人未来整体运势的方法,还有预测健康、工作、婚姻、事业、学业、旅行等具体运势,并不断被发展。

价格根据神社或寺庙的不同而有所不同,但一般在100至500日元左右。 为了抽取神签,首先要摇动像圆柱体一样盒子中的“神签”,抽出与数字相对应的神签。 现如今,抽签的方式有很多种,比如自动抽神签机,用狮子机器人抽神签,还有猫和鸽子等等吉祥物抽神签机器。 例如被誉为智慧之神的金天满宫推出了“抽神签机器”,游客投入硬币,狮子机器人就会自动抽神签。

如何阅读“神签”

抽完御神签后,请仔细阅读上面的内容。 其中,御神签分为“大吉”、“吉”、“中吉”、“小吉”、“凶”,预示着未来的整体运势。 福气从“大吉”、“中吉”、“大吉”到“小吉”排列。 “从高到低,‘厄运(坏运气)’排在最后。”

如果您抽到了“大吉”,就意味着您的日本之旅将会有美好的经历。 如果您不幸中了“厄运”神签,请不要灰心。 长期以来,神签提供了一种改变运气的方法。 请仔细阅读神签内容。

每个神社或寺庙对于神签的处理都有自己的规定,但一般来说,人们相信,如果抽到神签是好运或普通运气将其带回家,那么您一定会走运。 当你得到一张不吉利的神签时,请把它绑在寺庙或神社庭院的指定地点。 虽然每个神社和寺庙的指定地点有所不同,但也为游客准备了用于辟邪的连绳。 许多神莲像白花一样挂在枝头,请观赏。

随着外国游客数量的增加,神签也变得越来越多语言化。 可以在日本全国各地的神社、寺庙领取神签,如下所示。 想知道未来会怎样吗?参拜神社或寺庙时,一定要画神签,祈求未来好运!

永続的な伝統

寺院

寺院(じいん)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている。

寺院も神社建築と同様、その多くは日本古来の木造建築である。しかし現代では、建築基準法や消防法の規定上、法定の規模を超える建物は鉄筋コンクリートとすることが義務化されており、昔のように大きな建物を木造とすることができない。そのため、大規模な寺院建造物には鉄筋コンクリート造が増えてきている。また、ビル形式の寺院や近代的モダン寺院も出現するなど概観のデザインも多様化しており、一目では仏教寺院と認識できないものも少なくない。また、寺院の伽藍配置や建物の用途、名称は、神社のように統一されておらず、宗派や各時代によって異なっている。