一禅堂
www.ichizenn.com
日本の一番占い
icon矢印

ようこそ

未来のことに不安を感じるのは人間の自然な感情ですが、時代の変化や未知の出来事に対処するために、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。また、自分自身を信じ、前向きな変化に向かって努力することも大切です。

恋愛の運気が変わるターニングポイントについて

   由来:一禅大師    阅覧:

「ターニングポイント」とは、「転機」のことで、ある出来事の前後で環境や運勢が大きく変化したり、また自分自身の価値観や意識なども変化し、それによって運気の流れが変わり、恋愛そのものや人生に影響を与えるものです。


「あの出来事や出会いがあったから自分の人生が大きく変わった」ということがあればそれが「ターニングポイント」です。誰しも人生ではこんなターニングポイントがあるのですが、恋愛においてのターニングポイントとはどのようなものがあるのでしょうか?


新しい環境に身を置いたとき


仕事の転勤や就職、就学など新しい環境に身を置いたとき、自然と自分の周りの人間関係が変化します。


この時に恋愛運も大きな影響を受けています。


なかなか新しい環境に慣れるまでは恋愛モードにならなったり、自分のことで精一杯ですが、少し落ち着くと恋愛の兆しがはっきりと目に見えてくることもあるでしょう。


また自然と新しい出会いの中で恋愛運も向上していくので、恋愛のターニングポイントの大きなものとしては環境の変化があります。


また普段の生活でそこまで環境を変化させる予定がない場合は、趣味などを広げたり、何かスクールに通うなど、生活に一つ新しいものを取り入れることで恋愛のターニングポイント、出会いや出来事が起こりやすくなるでしょう。

自分の居場所を複数持ったとき


仕事だけの自分が自分ではありません。


趣味をやっている自分やプライベートの自分も同様に自分です。


恋愛のターニングポイントが訪れる時、自分の居場所や自分の顔を複数持っているときに起こりやすくなります。


仕事と家の往復だけではなく、趣味やサークルなどの交流があったり、何か他の場で活躍する機会があれば自然と恋愛のターニングポイントが起こりやすくなります。


また何か恋愛でうまくいかない時も、恋愛している自分だけを居場所にしていると絶望感に陥ってしまいやすくなりますが、複数の顔を持っていれば、他にも自分の居場所があり、そこに没頭することで恋愛だけに集中しないこともあります。


恋愛だけが全てではなく、何か他のことに熱中するものがあるのも恋愛のターニングポイントを呼び起こしやすくなるでしょう。

お気に入りのバーなどを開拓する



仕事帰りに自分だけの時間を作りたいと思ったり、一人で落ち着いていけるバーなどを開拓したい気持ちがあれば、それは恋愛のターニングポイントも同時に訪れているサインです。


女性でも気軽に入れて、落ち着く雰囲気のバーがあるだけで、あらゆる人との出会いや交流が起こりやすくなります。


また通っているうちに顔なじみが増えて、友達ができたり、楽しい交流をすることでまた一つ自分の居場所を作ることができます。


そんな交流から新しい出会いも与えられる可能性がとても高いので、恋愛のターニングポイントを自分で起こしたければ、行きつけのバーなどを開拓するのもいいでしょう。


また、「近所に自分の行きつけのバーなどがあればいいな」とふと感じることがあるとすれば、それは恋愛運が高まっている印として受け取ることができるでしょう。

なぜか新しいメイク用品や服などが欲しくなる


いつも着ている服や、しているメイクに飽きてしまったり、何か新しいものにしたいという気持ちがある時も恋愛のターニングポイントが到来しているしるしです。


常に自分の外見に気を配るというのはなかなか難しいことで、着慣れた服やメイクに固着してしまうことは良くあるのですが、そこからもう一歩、自分らしくありたいと思ったり、外見に興味が出てくるようであれば、恋愛運が向上していて、誰かと出会うサインとして受け取ることができるでしょう。


自然と誰かと出会う準備をしているので、そんな時に恋愛のターニングポイントが訪れやすいのです。

今までの自分とは全く違うことをやってみたくなる


今までは興味もなかったのに急に何かに興味を持ち始めたり、やってみたくなる場合も恋愛のターニングポイントが近づいているサインです。


自分の思いつきなのかなと感じることでも思い切ってトライしてみるのもいいでしょう。


例えば、今までダンスには興味がなかったけど、突然ダンスをしたくなり、ダンス教室に通いたくなるというように、降って湧いてくるような衝動があるかもしれませんが、こんな時は思っているより即実行するといいでしょう。


恋愛にまつわるヒントがそこにあるはずです。

恋愛映画やドラマをみたくなる


恋愛映画やドラマは見る前からある程度展開がわかってしまうので、見ても面白くないと思う気持ちがあるかもしれませんが、急に泣けるような恋愛ドラマや映画が見たくなる場合は、これから先に起こる恋愛の出来事に備えて、心が先にその準備をしている時です。


直感的なものですが、自分の心が求めているものに応じることで恋愛の準備をしていることに繋がります。


恋愛映画やドラマをみて感動した後には、自分自身がそんな体験をする確率がグンと上がります。

自分に自信が持てるようになった



自分には弱点やコンプレックスもあるけれど、それだけに縛られずに、こんな長所もあると受け入れられたり、自分の魅力はこんなところと言えるようになるのも恋愛のターニングポイントの兆しです。


今までは自分に自信が持てなかったけど、少しづつ自信を持つことができるようになったと感じていれば、恋愛での大きな出来事や出会いなどは近くにきています。


自信を持つことは自分の魅力を認めること。


その魅力をだれかがいいなと思ってくれることで恋愛のきっかけは生まれるので、恋愛のターニングポイントを起こしたい場合は自分に自信を持つことが大切です。


永続的な伝統

寺院

寺院(じいん)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている。

寺院も神社建築と同様、その多くは日本古来の木造建築である。しかし現代では、建築基準法や消防法の規定上、法定の規模を超える建物は鉄筋コンクリートとすることが義務化されており、昔のように大きな建物を木造とすることができない。そのため、大規模な寺院建造物には鉄筋コンクリート造が増えてきている。また、ビル形式の寺院や近代的モダン寺院も出現するなど概観のデザインも多様化しており、一目では仏教寺院と認識できないものも少なくない。また、寺院の伽藍配置や建物の用途、名称は、神社のように統一されておらず、宗派や各時代によって異なっている。