一禅堂
www.ichizenn.com
日本の一番占い
icon矢印

ようこそ

未来のことに不安を感じるのは人間の自然な感情ですが、時代の変化や未知の出来事に対処するために、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。また、自分自身を信じ、前向きな変化に向かって努力することも大切です。

あなたが生まれてきた意味、人生の目的を知るための方法について

   由来:一禅大師    阅覧:

自分が生きている意味、生まれてきた宿命とはどのようなものでしょうか?


何かそこに生きる意味があるのだとしたら、それはどのようなものなのでしょうか?


それがわかれば、もっとあなたの人生ははっきりと進むべき道が見えてきます。


自分が生まれてきた意味、そしてこれから生きていく意味や人生の目的を自分で知るためのとっておきの方法をご紹介します。


人生にはいろいろな時があります。


嬉しい時も悲しい時も全てにあなたが成長するために意味があるものです。


その意味さえわかればどんな苦しいことがあっても乗り越えていける力を身につけることができるでしょう。


なんのために生まれ、なんのために生きるのかということを知る方法をお伝えします。


辛い時は自分の本当の生き方を見つけるチャンス


生きていると、辛いこと苦しいこと、悲しいことから避けることはできません。


仏教の教えでは「人生とは苦しみそのものだ」という言葉もあるほどです。


つまり苦しみを経験することが人生そのものであるという考え方ですが、こればかりだとますます苦しくなってしまうことでしょう。


もちろん人生には苦しい時が必ずあります。


大切なのは、その苦しみにどう向き合うかという姿勢です。


苦しみを逃げるのか、それとも立ち向かうのかという態度一つで運命も大きく変わっていくものです。


苦しみの経験に対する選択肢はたくさんあり、また自分の手に決定権があります。


あまりにも苦しい時には「自分はなんで生きているのだろう?」と思わずにはいられないこともあります。


しかし、その苦しみを経験し、いずれかの選択をするときほど、本当の自分に出会うのです。


辛いときほど、自分の本当の生き方がどこにあるのか、生きる意味はなんなのかを知ることができるでしょう。


人生に対して無気力や虚しさを感じる時は変革のチャンス


そこまで辛い経験がないとしても、なんとなく日常を過ごしていると不安になることもあると思います。


「わたしの人生ってずっとこのままで何もないんじゃないかしら?」と感じることもあるでしょう。


またそこそこうまく行っている時でも「わたしの人生ってこのままでいいのかな?」と思うこともあります。


生きている意味を問うのは、人間としてある意味では通常のことです。


現代はあまりにも情報が多く、またそれを追いかけるのに必死なので、自分自身に向き合うことはあまりありません。


普通は生きる意味をもっと掘り下げて考えるのが人間のありのままの態度ですが、そうではない中でフッと人生や自分について考えると不安な気持ちが出てきてしまうことも確かです。


本来はとても自然なことだということ、また考えれば考えるほど、自分そのものがどういうものかわかったり、この世界などのつながりなども意識するようになります。


それは決して悪いことではありません。


むしろ、人生に無気力感や虚しさを覚えるときほど、自分を変革するチャンスがやってきていると受け止めると良いでしょう。


また自分を見つめることで、本当の自分が少しずつ姿を表してくるので、自ずと方向性も見出すことができます。


虚しさや無気力感を感じている時は、なんらかのストレスを感じていたり、心が疲れているので少し体や心を休めつつも、「これから変わって行く時がきているな」と受け止めると自然に道が開かれていくでしょう。


やりたいことがわからないときほど、自分を見つけるチャンスになる


夢を実現させようと頑張っている人や一生懸命な人をみると、尊敬の心が生まれたり、憧れの目を持って見つめたりします。


しかしふと自分を振り返ると、自分には何もやりたいことがないのではないか、という気持ちが生まれてしまうこともあります。


また人と比べて、自分にはそこまで情熱を燃やせるものがないと落胆してしまうこともあるでしょう。


しかし、誰しもが同じ目標を持って歩んでいるわけではありません。


あなたにはあなたの情熱が燃やされる「何か」が必ず用意されています。


情熱を感じていない、やりたいことがわからないのはまだそれに出会っていないだけのことです。


それに出会うことができれば、自然とやる気や情熱が湧き上がり行動を起こしていくものです。


やりたいことがわからないときほど、本当に自分のやりたいことを見つけるチャンスです。


わからない時は焦りを感じますが、その焦りがあなたに本当にやりたいこと、いわば宿命と出会いやすい時でもあります。


方法としては、手当たり次第、興味のあることにトライしてみること、体験教室などに足を運んでみることです。


思っているより、楽しかったという経験があなたを次の一歩に進めてくれるでしょう。


ただし、思っているだけで、何も行動しなければやりたいことがわからないままです。


また意外なところで楽しさを発見することもあるので、食わず嫌いをせずにいろいろなことにトライしたり、興味を持つように心のアンテナを敏感にしておきましょう。


自分を見つめるために日記などをつけてみる


自分がどのような存在かわからない。生きている意味がわからないときには、日記などをつけてみると良いでしょう。


そこにありのままの自分の本音を書いてみましょう。


また日記というのがどうも好きではないということもあるかもしれません。


その場合は、日記ではくても絵を書いてみたり、他の表現方法でも構いません。


またその際は新しいノートを使用することです。


もし紙に書くのが億劫だと感じるなら、スマホで気軽にかけるアプリもあったり、タブレットではさらに電子ペンなどもあるので、楽しんで続けられる工夫も必要です。


日記をつける、何かを記す、あるいは作るという時間こそ、自分と向き合っています。


実際には書く、作るという行動をしながらも自分を模索しているのです。


そんな時間を大切にすることで、自分の生きる意味があるときにふと与えられるのです。 


永続的な伝統

寺院

寺院(じいん)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている。

寺院も神社建築と同様、その多くは日本古来の木造建築である。しかし現代では、建築基準法や消防法の規定上、法定の規模を超える建物は鉄筋コンクリートとすることが義務化されており、昔のように大きな建物を木造とすることができない。そのため、大規模な寺院建造物には鉄筋コンクリート造が増えてきている。また、ビル形式の寺院や近代的モダン寺院も出現するなど概観のデザインも多様化しており、一目では仏教寺院と認識できないものも少なくない。また、寺院の伽藍配置や建物の用途、名称は、神社のように統一されておらず、宗派や各時代によって異なっている。