一禅堂
www.ichizenn.com
日本の一番占い
icon矢印

ようこそ

未来のことに不安を感じるのは人間の自然な感情ですが、時代の変化や未知の出来事に対処するために、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。また、自分自身を信じ、前向きな変化に向かって努力することも大切です。

転職運を上げるためのスピリチュアルな方法について

   由来:一禅大師    阅覧:

転職したいけれどイマイチ踏み切ることができない・・と悩んでいるかもしれません。


また、転職すべきベストなタイミングはいつなのかと考えてしまうこともあります。


転職だけに限らず、すべての仕事には悩みがつきものです。


では転職運を上げるスピリチュアルな考え方や方法とはどのようなものでしょうか?


今の職場にがイヤというより飽きたと感じる


スピリチュアル的には「飽きる」というのは「もう自分がその場でやり遂げた」ということを意味しています。


現在働いている職場に対して素直に飽きを感じているなら、自分がさらにステップアップをしたり、新しい道が開かれているサインとして受け取ることができます。


仕事=やらなければいけないものということを抜きにして自分の心の声に耳を傾けるとそこにはどんな気持ちが隠されているでしょうか?


自分で進むべき道を自分はすでに知っているのです。


職場に飽きたと感じるのは、そこであなたができる精一杯のことをすでにやってしまったということであり、次に進むステップとして前向きに捉えるといいでしょう。


また「飽きる」と「イヤ」という感情は全く違います。


仕事が「イヤ」で辞めたい場合はまだ踏みとどまることが大切かもしれません。


なぜなら自分がやり残したことがそこにあるからです。


仕事自体はイヤではないけれど、飽きたと感じるかどうかが重要なチェックポイントです。


「これをやりたい」という気持ちがある


「今の仕事ではできないことがある」、もしくは「本当はこれをやりたいけれどできない」という気持ちが強くなっている時や、ずっと継続して本当にやりたいことへの気持ちが諦められない時もスピリチュアル的なサインとして受け止めることができます。


非常にシンプルですが、強い気持ちがある場合は内面の心からの欲求であり、今の自分は本当の姿ではないとさえ感じることがありそうです。


本当はこれをやりたいけれど時間的な余裕や心の余裕がない場合、仕事そのものが障害となってしまっている場合があります。


しかし諦めきれない夢はいつか実現されなければなりません。


単なる衝動ではなく、継続して何かやりたいことがあり、その気持ちがますます強くなっていたり、もう抑制できないという場合は転職するチャンスかもしれません。


また、今の仕事と両立しながらできるものなのか、あるいは転職すべきなのかはきちんとした判断が必要です。


どうしても転職をしたい場合は、思い切った決断をしてもいいでしょう。


転職すべきはっきりとした理由がある


どんな人も仕事を辞める時は必ず理由が伴います。


単にイヤだから辞めるというのは逃げにしかならず、仕事をやめて逃げたとしてもまたどこかで同じような問題とぶつかったり、二度目はかなり壁が高くなってしまっていることもあります。


しかしそうではない場合、現在の仕事を辞めるきちんとした理由がいくつか挙げられると思います。


またそれに関しては少し時間をかけてじっくりと吟味する必要もあります。


またその際には自分の本当の気持ちをきちんと言語化することが大切になるでしょう。


また自分が感じている仕事を辞めたい理由は「プラス」の理由なのか「マイナス」の理由なのかということを判断することが大切です。


誰しも自分が務める会社に不満があったり、あるいは夢や目標などがありますので、双方の理由をきちんと書き出して考えることが大切です。


例えば仕事をやめたい「マイナス」の理由としては、人間関係に耐えられない、ノルマがきつい、報酬に不満がある、休みが取れないなどの理由が挙げられます。


「プラス」の理由としては、独立したい、もっと自分のスキルを生かしたい、資産運用をしたい、結婚や出産などを控えている、別ジャンルに挑戦したいということが挙げられます。


どちらも自分にとって正統的な理由なので良し悪しは判断できませんが、スピリチュアル的な視点でいえば、マイナスよりもプラスの視点の方が物事がスムーズに動きやすく、また自分の願いが叶えられやすいということも言えるでしょう。


なるべくならマイナスよりもプラスの理由を多くすると良い転職ができますし、転職運自体がアップしていきます。


同じ時期に同期の人が転職を考えている、あるいは実際に転職や退職をした


特に相談したわけではないのに、同期の人が同時期に会社を去っていくタイミングもスプリチュアルな視点からすると、やめどきのサインでもあります。


自分もそろそろかなと思ったり、転職して可能性が大きく開かれるように直感的に感じるのであれば、紛れもない転職する時期がやってきていると捉えてもいいのです。


転職は自分から行動を起こさなければならないように感じますが、その促しは実は運命からの声があなたの心に働きかけていることでもあるので、その声に敏感になることが新しいステップへの道筋へと繋がっているのです。


職場で周りの人から自分が浮いているように感じる


今までは楽しく人間関係を形成していたけれど、ある時から全然楽しさの次元が違ってしまい、どこか自分がおかしいのではないか、浮いているのではないかと感じるようであれば、これは転職するサインです。


逆に転職をすべきでない時は、人間関係にはトラブルが生じない時でもあります。


どこか普通にしているのに違和感を自分で感じるようであれば、あなたがもうその場所にいなくてもいいというスピリチュアルなメッセージとして受け止めることができるでしょう。


そんな時は現在の職場から前向きな気持ちで転職を考えてもいいでしょう。


永続的な伝統

寺院

寺院(じいん)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている。

寺院も神社建築と同様、その多くは日本古来の木造建築である。しかし現代では、建築基準法や消防法の規定上、法定の規模を超える建物は鉄筋コンクリートとすることが義務化されており、昔のように大きな建物を木造とすることができない。そのため、大規模な寺院建造物には鉄筋コンクリート造が増えてきている。また、ビル形式の寺院や近代的モダン寺院も出現するなど概観のデザインも多様化しており、一目では仏教寺院と認識できないものも少なくない。また、寺院の伽藍配置や建物の用途、名称は、神社のように統一されておらず、宗派や各時代によって異なっている。