一禅堂
www.ichizenn.com
日本の一番占い
icon矢印

ようこそ

未来のことに不安を感じるのは人間の自然な感情ですが、時代の変化や未知の出来事に対処するために、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。また、自分自身を信じ、前向きな変化に向かって努力することも大切です。

試してみると絶対妊娠?子宝に恵まれる、好みの性別の子が生まれるというジンクスについて

   由来:一禅大師    阅覧:

妊娠したいと思っていてもなかなか子宝に恵まれないことや、「妊活」していて、早く子どもが欲しいと希望している女性やカップルはかなり多くいます。でもなかなか妊娠できないと人知れず悩んでいたり、ご両親や友人に「まだ赤ちゃんはできないの?」などと言われ、焦りを覚えてしまう場合もあるかもしれません。赤ちゃんは天からの授かりものと言われていますが、妊娠の兆候がないと、なんだか運命からも見捨てられてしまった気分になってしまうことも。


今回は、「妊娠したい」、「すぐにでも赤ちゃんが欲しい」と思っている方にすぐにでも試していただきたいとっておきのジンクスをご紹介します。


男の子が欲しい場合と女の子が欲しい場合と少し違うので参考にしてみてくださいね。


男の子が欲しい場合のジンクス


セックスする30分前にコーヒーなどのカフェインを摂取する



男女の産み分けに関係しているのは精子の遺伝情報で、その遺伝情報を伝えるための物質である染色体に違いがあります。


男の子が欲しい場合はY染色体が重要になります。このY染色体はアルカリ性の環境を好む性質を持っています。セックスする際、女性の膣内のペーハーがアルカリ性に傾いていれば男の子を産み分ける可能性が高くなります。野菜や果物などを多く食べたり、青魚を食べることでアルカリ性の体を作ることができます。


またカフェインも体内をアルカリ性にする即効性があるので、セックスをする30分前にコーヒーやお茶などを飲むとY染色体が活発化すると言われています。


男の子が欲しい場合は試してみたい方法です。


排卵日を狙って子作りする


女性の体は排卵日にアルカリ性が強くなる傾向があると言われていますので、「男の子が確実に欲しい」という場合は、自分のアイラン美を確実に把握しておくことが大切です。


毎日の体温をチェックしたり、市販の排卵日チェッカーなどで自分の排卵日を知ったり、また産婦人科などを訪れて、確実に自分の排卵日を知っておくこともいいでしょう。また、セックスの際に絶頂を感じるとアルカリ性が高まります。


愛する人と同時に絶頂を感じることでY染色体を受け入れやすい体になることができるでしょう。


男の子を産むためのとっておきのおまじない


男の子を産みたいときに、この方法が効くと言われているおまじないです。


用意するものは、習字に使う半紙、墨汁、筆、半紙を三つ折りにした大きさが入る封筒でどれも百円ショップで購入可能です。


おまじないのやり方は、まず半紙の上半分に感謝の言葉を20〜30文字で記します。


例えば「子どもをすぐに授けてくださり感謝します」というように現在進行形で記します。


半紙の下半分には、「男の子」と聞いて想像するマークを書きます。これは直感的に感じるもので構いません。墨汁が乾くまでの時間に、男の子が実際生まれた時の想像をします。どんな服を着せようとか、どんな遊びをしようというイメージを膨らませてください。


乾いたら三つ折りにして封筒に入れます。これを男女が判明するまで時間があるときに繰り返しましょう。感謝の言葉も「元気な男の子をありがとうございます」というように具体的に知りしていくといいでしょう。


エコー検査で男女が判明したら、本当の感謝の気持ちを記して封筒に入れ、神社やお寺のお炊き上げの際に処分します。


女の子が欲しい場合のジンクス


排卵日の2日前を狙って子作りする


男女の産み分けに関係しているのは精子の遺伝情報で、その遺伝情報を伝えるための物質である染色体に違いがあります。


女の子が欲しい場合はX染色体が重要になります。


このX染色体は酸性の環境を好む性質を持っています。セックスする際、女性の膣内のペーハーが酸性に傾いていれば女の子を産み分ける可能性が高くなります。


女性の体は排卵日にアルカリ性になってしまい男の子が生まれやすくなるので、排卵日の2日前にセックスをしましょう。


この時期は膣内が酸性に傾いてるのでX染色体には良い環境が整えられています。正確に排卵日二日前を把握する必要があるのでこそ体温をつけたり、排卵日チェッカーを使うなど排卵日を調べることを意識するといいでしょう。


酢や肉料理をたくさん食べる


女の子を産みたい場合、膣内が酸性であることがとても大事ですが、普段の料理ではなるべく「酢」を使う料理を食べることや、体内を酸性に傾けるために肉料理をたくさん食べることがオススメです。


しかし野菜やお魚などバランスを取りながら、肉を食べることを心がけましょう。酢を効果的に取るためには、お酢入りのジュースなどを手作りすることも効果的です。


またクランベリーにはポリフェノールが多く含まれているので体内を酸性に傾けるのに効果があるので、サプリメントなどを使用してもいいでしょう。


ピンクのクマの人形をカバンの中に入れておく


有名なジンクスで、女の子を産み分けたい場合には、ピンクのクマの人形を普段使用するバッグに持ち歩くこと、寝るときはバッグから出して枕元に置いておくこと、ラベンダーなどのサシェやアロマオイルなどを使用し、人形に香り付けをしておくと、女の子を授かることができるといわれています。


人形の大きさは特に指定はありませんので、自分が気に入った顔つきの人形を選ぶといいでしょう。



以下は科学的な示唆です


まず、男の子を欲しい場合のジンクスとして、Y染色体がアルカリ性の環境を好む性質を持っているとされています。したがって、セックスの30分前にカフェインを摂取することで体内をアルカリ性にし、Y染色体の活性化を促すという説があります。また、排卵日を狙って子作りすることや、男の子を産むためのおまじないを行う方法もあります。

一方、女の子を欲しい場合のジンクスとして、X染色体が酸性の環境を好む性質を持っているとされています。そのため、女性の排卵日の2日前にセックスをすることで膣内を酸性にし、X染色体に適した環境を整えるという方法が挙げられます。また、酢や肉料理を食べることで体内を酸性に傾けることや、ピンクのクマの人形を持ち歩くことで女の子を授かると信じられています。

ジンクスや迷信には、妊娠や出産に関するものも含まれています。一部の人々は、子宝に恵まれるために特定の方法や信念を持っています。好みの性別の子供が生まれるというジンクスもその一例です。

このジンクスには、さまざまな方法がありますが、科学的には根拠がない場合がほとんどです。たとえば、特定の日に特定の方法で妊娠すると性別が変わるとか、特定の食べ物を摂取すると特定の性別の子供が生まれるとか、さまざまな説が存在しますが、これらは科学的な根拠に基づいているわけではありません。

性別は、精子が卵子に至る過程やその後の胎児の発達によって決定されます。生殖科学の分野では、性別選択や性別を変える方法について研究が行われていますが、現時点では確実な方法は存在しません。したがって、ジンクスや迷信に頼るよりも、科学的なアプローチや医学的な助言に基づいて行動することが望ましいでしょう。

妊娠や出産は個々の体験であり、人々はそれぞれの方法で子宝に恵まれ、健康な子供を授かることを願っています。


永続的な伝統

寺院

寺院(じいん)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている。

寺院も神社建築と同様、その多くは日本古来の木造建築である。しかし現代では、建築基準法や消防法の規定上、法定の規模を超える建物は鉄筋コンクリートとすることが義務化されており、昔のように大きな建物を木造とすることができない。そのため、大規模な寺院建造物には鉄筋コンクリート造が増えてきている。また、ビル形式の寺院や近代的モダン寺院も出現するなど概観のデザインも多様化しており、一目では仏教寺院と認識できないものも少なくない。また、寺院の伽藍配置や建物の用途、名称は、神社のように統一されておらず、宗派や各時代によって異なっている。