一禅堂
www.ichizenn.com
日本の一番占い
icon矢印

ようこそ

未来のことに不安を感じるのは人間の自然な感情ですが、時代の変化や未知の出来事に対処するために、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。また、自分自身を信じ、前向きな変化に向かって努力することも大切です。

日本人なら知っていて損はなし!おみくじの結び方やマナーについて

   由来:一禅大師    阅覧:

初詣に行くと必ず気になってしまうのが「おみくじ」。


この一年の運試しと「おみくじ」を引いて一喜一憂する人も多いかもしれません。


おみくじを引いた後は神社の境内におみくじを結び習慣もありますが、「あれってどうなの?」と悩んでしまう人も多いはず。


あまりにもおみくじが結ばれていると木の芽を潰してしまっている光景も目にすることがあります。


また良い結果は持ち帰り、悪い結果は結ぶというならわしや、それとは逆に良いものは「縁結び」として境内に結び、悪いものは反省として持ち帰るなど逆のことをいう人もいます。


しかしおみくじのマナーやお作法にはどのようなものがあるのでしょうか?


今回はそんなおみくじのマナーについて徹底仮説いたします!


日本人なら知っていて損はないおみくじマナーです。


おみくじを神社の境内に結ぶのはアリ?ナシ?


結論から言えば、引いた後のおみくじを境内に結んで来てもいいですし、自宅に持ち帰ってもOKだと言われています。


特に木に結ぶか持ち帰るかには大きなルールはないようです。


ただしおみくじを販売している神社やお寺などには「おみくじ結び所」を設けてあり、境内の木には結ばないようにという指定があったり、「おみくじは持ち帰りましょう」と指定されているところもありますので、そのおみくじを引いた神社やお寺の習わしに従うのがベストでしょう。


なぜおみくじを結ぶのか?



では、そもそもなぜおみくじを結ばなくてはならないのでしょうか?


その理由には、神社の境内に生えている木は、神聖な境内にあるため、神様がその木に宿っていると考えられていたり、精霊が住んでいるとされているものです。


神社に生えている木を見ると、確かに樹齢が立っていて荘厳な雰囲気を感じることがあるでしょう。


その神社の木に引いたおみくじを結ぶことは「神様とご縁を結ぶ」、「願い事を結ぶ」という意味が込められています。


もし「凶」のおみくじを引いてしまった場合は「凶を神社の中に留めてもらう」という意味で結ぶこともあります。


しかし、神社の木に至るところに結んでしまうことで、木の枝が折れてしまったり、木の成長の妨げになってしまうので、神社の境内にはおみくじを結ぶ専用の場所(結び所)を設けている神社がほとんどでしょう。


おみくじを結ぶ際のマナーとしては、しっかりとその神社やお寺のルールに従って、おみくじを指定の場所に結びつけることが大切です。


おみくじの結びかたのルールはあるの?



結びかたに基本的には決まりはありませんが、死者の装束に使われている「縦結び」は避けた方が良いと言われています。


一般的な結び方としては、まずおみくじを縦長に細く折り、棒状にします。棒状にしたおみくじを、結び所のひもを囲むように輪っかを作ります。


棒状のおみくじの左右の端を交差させます。


次に棒状のおみくじの端の片方を輪っかの中に差し入れます。


最後におみくじの左右の端をそれぞれ引っ張って固く結びましょう。


おみくじを結ぶ時は自分の行動や生活やさらによくなるように願いを込めながら結ぶと、叶えられやすいでしょう。


またもし「凶」などの悪い結果がだった場合は、利き手と逆の手で結ぶ方が、凶が転じて吉となると言われており、運気が上昇すると言われています。


もし結んでいる途中で破れてしまったら


おみくじの紙はとても薄い容姿なので、いくら棒状にしていても途中で破れてしまう場合もあるかもしれません。


またその日の天候が雨で、紙が水に濡れて破れてしまう場合もあるかもしれません。


わざと破ったのでなければ、問題はなく、またおみくじを結ぼうとして途中で破れてしまってもバチが当たるというわけではありません。


持ち帰ってもOK


おみくじは結果に限らず、持ち帰っても問題はありません。


むしろおみくじに書いてある内容をしっかりと読み直すことで、自分の生活態度や行動を正すことができるのであれば、持ち帰って反芻するのもいいでしょう。


おみくじは「神様からの言葉をありがたくいただく」ためのものなので、木に結びつけることで書かれている内容を忘れてしまうよりは、大切に持ち帰ってたまに読み返すといいでしょう。


オススメの保管場所としてはお財布や定期入れなどがいいでしょう。


理由としては持ち歩きができて、移動場所でも内容を確認することができるでしょう。


しかし小銭入れはおみくじが汚れてしまうので避けた方がいいでしょう。


また手帳などにコラージュして自分なりにアレンジをしても良いでしょう。


これはダメ!内容や結果に不満足で何回も引き直すこと


例えば「凶」のおみくじを引いてしまい内容に納得がいかない場合、良いものが出るまで引き直すということがあるかもしれませんがこれが意味がないことです。


最初に出たメッセージがあなたのためになるものなので、そのメッセージを無視してはおみくじの意味がありません。


おみくじは吉凶よりもそこに書かれている内容に意味があります。


またしっかりと内容を読んで、吟味し、行動することで凶の事態から避けられることもできるのです。


どうしても引き直したいときは、その日ではなく、日を改めてから神社に訪れて引くのがいいでしょう。


おみくじをゴミ箱に捨てるのはNG



よくありがちなのですが、おみくじの内容をもう頭に入れた、もう一年が経ったという理由でゴミ箱や外に捨ててしまうことがありますが、これはNGな行動です。


おみくじは神様からのメッセージなので最後まで丁寧に取り扱いをすることが大切です。


願いが叶えられた後や次のおみくじを引く際には専用の結びところに結ぶか、どんど焼きなどの行事でお焚き上げをしてもらうことですが、なかなかそれもできない場合は、塩でお清めをし、封筒に入れて捨てるということをするべきです。


永続的な伝統

寺院

寺院(じいん)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている。

寺院も神社建築と同様、その多くは日本古来の木造建築である。しかし現代では、建築基準法や消防法の規定上、法定の規模を超える建物は鉄筋コンクリートとすることが義務化されており、昔のように大きな建物を木造とすることができない。そのため、大規模な寺院建造物には鉄筋コンクリート造が増えてきている。また、ビル形式の寺院や近代的モダン寺院も出現するなど概観のデザインも多様化しており、一目では仏教寺院と認識できないものも少なくない。また、寺院の伽藍配置や建物の用途、名称は、神社のように統一されておらず、宗派や各時代によって異なっている。