iconクレオパトラ(7世) 名人・名言集

由来:クレオパトラ(7世) 名人・名言集
クレオパトラ(7世)  名人・名言集
クレオパトラ7世フィロパトル(Cleopatra VII Philopator)
生誕:紀元前69年
古代エジプトプトレマイオス朝、最後のファラオ(古代エジプトの君主の称号)
父:プトレマイオス12世(アウレテス)、母:クレオパトラ5世
兄弟:ベレニケ4世(姉)、アルシノエ4世(妹)、プトレマイオス13世、プトレマイオス14世(英語版)(共に弟)
クレオパトラはギリシア語で「父の栄光」
死去: 紀元前30年8月12日

共和政ローマはエジプト産の穀物を必要としており、セレウコス朝シリアの攻撃を受けたプトレマイオス6世がローマに助けを求めて以降、プトレマイオス朝はその影響下に入っていた。エジプトは当時有数の小麦生産地であり、その販売をプトレマイオス朝が独占していた。後のアウグストゥス時代には、毎年ローマ市の4ヶ月分を賄っていたという。更にはパピルス、ガラス、織物生産地でもあった。これらのことから、プトレマイオス朝は当時世界でも最も裕福であったと予想する学者もいる。

プトレマイオス11世は、紀元前80年にルキウス・コルネリウス・スッラによって玉座に上ったものの同年中に民衆に殺害され、11世の従兄弟でクレオパトラの父であるプトレマイオス12世がローマに無断で即位した。12世は地位の安定のためグナエウス・ポンペイウスを頼ったが、直接介入を渋られたため、紀元前60年に三頭政治が始まると、その一角であるカエサルを買収し、やっと正式に王位が認められた。しかしこの買収にかかった費用を増税でまかなったため、紀元前58年に反乱が起こり、ポンペイウスを頼ってローマ市へ亡命した。このとき娘の一人を伴ったとされ要出典、その場合クレオパトラである可能性を主張する近年の研究者がいる。

アレクサンドリアではクレオパトラ6世やその死後ベレニケ4世が摂政の座についたが、紀元前57年、ローマで12世の復位計画が立てられた。これをポンペイウス派が行う陰謀もあったものの頓挫し、結局紀元前55年、シリア属州担当プロコンスル(前執政官)アウルス・ガビニウスと共にアレクサンドリアに舞い戻った12世は、ベレニケ4世を処刑し復位した。しかしながら、亡命中の生活費と政界工作費で莫大な借金を背負うことになった。この戦いに参加した、若きマルクス・アントニウスはベレニケ4世の夫であるアルケラウスの戦死の際に、王に相応しい葬いをしたとして評価された。この時期に、クレオパトラとアントニウスは出会っているという説もある。
この名言集を投票しました!

悲しさは世界共通。笑いは文化によって異なる

名人・名言集

★ 国を支配しているのは男 その男たちを支配しているのは私

名人・名言集

★ お金では幸せは買えない。だが、お金は、あなたが不幸である間、何不自由ない生活をさせてくれる

名人・名言集


1