icon梶田隆章 名人・名言集

由来:梶田隆章 名人・名言集
梶田隆章  名人・名言集
梶田隆章(かじた たかあき)
生誕:1959年3月9日
出身:埼玉県東松山市
日本の物理学者。専門はニュートリノ物理学。
学位は、理学博士(東京大学・1986年)。
東京大学卓越教授・特別栄誉教授・宇宙線研究所所長(第8代)・教授・カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員、埼玉大学フェロー、東京理科大学理工学部非常勤講師、日本学術会議会長(第30代)、内閣府総合科学技術・イノベーション会議議員。
2015年、ノーベル物理学賞受賞、文化功労者、文化勲章受章。

埼玉県東松山市[1]出身の物理学者。専門はニュートリノ研究。ニュートリノ振動の発見により、2015年にアーサー・B・マクドナルドと共にノーベル物理学賞を受賞した。2017年度より朝日賞選考委員を務めている。2020年度より日本学術会議会長(第25期)。 東京大学の宇宙線研究所にて長年にわたり研究に従事し、助手、助教授、教授を務めており、2008年には所長に就任した。同研究所の附属宇宙ニュートリノ観測情報融合センターにおいてはセンター長を兼務した。そのほか、カブリ数物連携宇宙研究機構の主任研究員も兼務した。また、東京大学より2016年には特別栄誉教授の称号が授与さ、2017年には卓越教授の称号が授与された。母校である埼玉大学からは、2015年にフェローに任じられた。

ニュートリノ研究を始めたのは、東大理学部附属素粒子物理国際研究センター助手になって間もない1986年のことである。ニュートリノの観測数が理論的予測と比較して大幅に不足していることに気づき、それがニュートリノ振動によるものと推測した。ニュートリノ振動とは、ニュートリノが途中で別種のニュートリノに変化するという現象であり、ニュートリノに質量があることを裏付けるものである。これを明らかにするためには膨大な観測データが必要であり、岐阜県神岡町(現・飛騨市)にあるニュートリノの観測装置カミオカンデで観測を始めた。転機となったのはカミオカンデより容積が15倍大きいスーパーカミオカンデが1996年に完成し、観測データが飛躍的に増大してからであった。

1996年よりスーパーカミオカンデで大気ニュートリノを観測、ニュートリノが質量を持つことを確認し、1998年ニュートリノ物理学・宇宙物理学国際会議で発表。1999年に第45回仁科記念賞を受賞した。これらの成果はすべてグループによる研究の賜物であった。2015年、アーサー・B・マクドナルドと共にノーベル物理学賞を受賞。受賞理由は「ニュートリノが質量をもつことを示すニュートリノ振動の発見」である。同年、ノーベル生理学医学賞を受賞した大村智らと共に文化勲章を受章した。

2015年の梶田のノーベル物理学賞の受賞理由となった「ニュートリノが質量をもつことを示すニュートリノ振動の発見」は、梶田の先輩であり師でもあった戸塚洋二を中心として行われた研究の賜物であり、梶田は戸塚の後継者としてノーベル物理学賞を受賞する形となったが、戸塚本人は2008年に癌で亡くなっており、もしも戸塚が生きていれば梶田との共同受賞は確実だったと惜しまれた。梶田自身もノーベル物理学賞受賞発表時の記者会見の場において、「戸塚氏が生きていたら共同受賞していたと思いますか」との質問に「はい、そう思います」と即答している。
この名言集を投票しました!

理科離れとか博士課程に進む学生が減っていると言われますが、KAGRAのような基礎科学の研究は、人類の知の地平線を拡大する仕事で、それに関わるのは非常にやりがいがあると思います

名人・名言集

★ 空間に対する概念がこれまで私たちが日常思っているものとは少し違うということを広く知ってもらいたいし、またブラックホールの直接観測のようなことも私たち人類にとって重要なことだと思います

名人・名言集

★ (情熱をもって研究を続けられるのはなぜでしょうか?)サイエンスが重要だと思うからですね。人類社会にとって広く共有されるべき結果が明らかにされるはずだと信じているからです

名人・名言集

★ 人類史上初の重力波検出によって、宇宙の理解が全く別の角度から始まる。それは人類の知的財産という意味でものすごく重要なステップになるはずです

名人・名言集

★ KAGRAは人類史上初めて、「重力波」という波動現象をとらえることを目指していますが、私は、KAGRAによる重力波の検出は、重力波を使ったサイエンスを進めるための第一歩だと思っています

名人・名言集

★ 我々は小柴先生のつかんだ流れに乗っていただけという感じもしますね

名人・名言集

★ 小柴先生がノーベル賞を受賞されたことは当然ととらえていました。先生の受賞理由(宇宙ニュートリノ観測)は物理学において非常に重要な課題だったので、受賞は当然、単にいつ受賞されるかの問題だと思っていました

名人・名言集

★ 1991年にスーパーカミオカンデのプロジェクトが国に認められ、建設に5年かかり、1996年に観測データを取り始めました。十数人で草の根的に進めていたカミオカンデの時と異なり、国の大きな予算がつき、装置の規模はおおよそ20倍、約120人もの共同研究者が一緒に実験を進めるような形になりました。国に認められたプロジェクトとして、しっかりと成果を出さなければいけないという責任も負うことになりました

名人・名言集

★ 小柴先生を始めとする研究者の「これがやりたい!」という思いから、主要なメンバーによるお金集めからスタートしたものでした

名人・名言集

★ カミオカンデはきわめて成功した実験ですが、国から大きな支援を受けたプロジェクトではありませんでした

名人・名言集

★ 原理から物事を考え説明するところに惹かれて、学部では物理を学ぶことを選びました

名人・名言集

★ これまでずっと研究の楽しさや新しい発見の喜びを味わわせていただいてきた。今度は私が若い人たちにそういう場を提供することが、恩返しだと思っています

名人・名言集

★ 宇宙線研究所長という立場に立たせてもらって、改めて組織の難しさというものも感じています

名人・名言集

★ 宇宙線研究所は施設も大規模ですし、グループも大人数です。自分のやりたい研究だからというだけで、簡単に装置が作れるわけではない。その装置がいかに重要かということを、時間をかけて広く知ってもらい、ようやく予算がつきます

名人・名言集

★ カミオカンデのような大きい施設の建設には、国民の皆さんの税金を使わせていただいている。それを受け入れてくれる心がなければ、絶対できませんでした

名人・名言集

★ 日本で研究ができて良かったと心から思います。終戦後、何もできない状況から、奇跡の高度成長を遂げたからこそ、今では基礎研究にも力を入れられるようになった

名人・名言集

★ 日本、アメリカ、ヨーロッパ、この3台(の観測装置)が互いに協力して観測する必要性が近いうちに必ず出てきます。『国際競争』ではなく、『国際協力』しないと次の段階へは進めないところまで来ているのです

名人・名言集

★ (重力波の検出は)宇宙線研究所全体での目標でもあります

名人・名言集

★ 重さを持つ物は、その重力によって周りの空間を歪めます。その物体が激しく運動をすると、空間の歪みも揺らぎ、波のように伝わっていく。これを重力波と呼んでいるのです。でも、この重力波の振幅は非常に小さいので、検出するのは困難を極めます

名人・名言集

★ 実験は理論を確認するだけのものではありません。観測事実があれば、それを説明する理論が必要になる。あるいは逆に先行する理論があり、それを実験で証明する

名人・名言集

★ 私は実験屋ですから、やっぱり理論屋の人たちが予想したものとは違う現象を実証することに面白さを感じます

名人・名言集

★ 初めは自分たちのデータ解析に間違いがあるのだろうという疑念のほうが強かったんです

名人・名言集

★ 私たちが挑む相手は自然現象。どうなるかは神のみぞ知ることです

名人・名言集

★ 実験にどっぷりと浸かった毎日でした

名人・名言集

★ 小柴先生の熱意に応えるため、私達も一生懸命働きました

名人・名言集

★ ノーベル賞受賞の報告を受けたのは、東京大学の本郷キャンパスです

名人・名言集

★ (『カミオカンデ』は)巨大な施設にもかかわらず、設立メンバーはたった12人。小柴先生や戸塚洋二先生らのほか、若い大学院生やスタッフで構成されていました

名人・名言集

★ 大学に入る時に、やりたいと思う学科に進むことがとても重要です

名人・名言集

★ (研究者に必要な資質は?)タフで、しなやかでなければいけない、と思います。

名人・名言集

★ 素粒子に惹かれたのは、純粋な知的好奇心で、自然界の成り立ちを知りたいと思ったからです

名人・名言集

★ 大学院の受験時には、どの先生がどんな研究をしているのか全然知らなくて、ただ素粒子の研究ができる研究室を探していました

名人・名言集

★ 受賞の理由となった『ニュートリノ振動の発見』は私一人では成し遂げることはできなかった。そういう意味では、ただありがたいという気持ちでいっぱいです

名人・名言集

★ 私たちが研究を進める根拠は、なにより自分たちの目で見てきた事実でしたので、間違ってはいない自信だけはあったからだと思います

名人・名言集

★ 個人的な考えだが、基礎研究も重視してほしい

名人・名言集

★ 認められるまで、自分の道が正しいと思って頑張った

名人・名言集

★ 私たちが住む宇宙は、まだまだ分からないことがたくさんあります。そのような大きい問題というのは、1日とか2日とかいう短い間の研究で解決できるものではなく、沢山の人が興味をもって、長い年月をかけて解き明かしていくものです

名人・名言集


1