iconフェルディナント・テンニース 名人・名言集

由来:フェルディナント・テンニース 名人・名言集
フェルディナント・テンニース  名人・名言集
フェルディナント・テンニース(Ferdinand Tönnies)
生誕:1855年7月26日
ドイツの社会学者
共同体における「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」の社会進化論を提唱
死去:1936年4月9日
共同体における「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」の社会進化論を提唱したことで知られる。テニース、テンニエス、テニエスなどとも表記される。
テンニースは、あらゆる社会的相互作用や集団を人間の思考と意思とがつくったものとして考え、そのなかで実在的・自然的な本質意思 (Wesenwille) と観念的・作為的な選択意思 (Kürwille) とを区別し,前者にゲマインシャフト(Gemeinschaft)、後者にゲゼルシャフト(Gesellschaft)という集団類型をたてた。その区別は形式的類型にとどまらず、彼の歴史的発展構想においてゲマインシャフトからゲゼルシャフトへと定式化されることになった。
ゲマインシャフト(共同社会)
自然な「本質意志」にもとづき、結合を本質とする基礎的集団。家族・友人仲間・近隣などを例とし、成員は感情的・全人格的に融合する。前近代的な社会類型。ゲゼルシャフト(利益社会)の対概念。
ゲゼルシャフト(利益社会)
人為的な「選択意志」にもとづき、分離を本質とする機能的集団。企業・大都市などを例とし、利害・打算で行為する。近代的な社会類型。ゲマインシャフト(共同社会)の対概念。
この名言集を投票しました!

虚栄心は他人を鏡として使用し、利己心は他人を道具として使用する

名人・名言集


★ 実は人間は理性によって、自己自身を破壊する能力を有している

名人・名言集


★他人を道具として使用し自分の利害だけを考えるこれが利己心。

名人・名言集


★共同体の中には自然な結びつきによるゲマインシャフト≒共同社会と選択によって組み立てられたゲゼルシャフト≒利益社会

名人・名言集



1