icon又吉直樹 名人・名言集

由来:又吉直樹 名人・名言集
又吉直樹  名人・名言集
又吉直樹(またよし なおき)生誕:1980年6月2日。出身:大阪府寝屋川市。お笑いタレント、脚本家、小説家、俳人。第153回芥川龍之介賞受賞
又吉直樹(またよし なおき)は、日本の俳優、作家、お笑い芸人です。以下は彼の略歴と主な業績の概要です:
- **生い立ち**: 1980年に東京都で生まれました。子供の頃から文学や演劇に興味を持ち、大学では文学部に進学しました。
- **お笑い芸人としてのキャリア**: 大学在学中にピン芸人として活動を始め、2002年にお笑いコンビ「ピース」としてデビューしました。コンビは活動の中で人気を得て、バラエティ番組やテレビドラマにも出演しました。
- **作家としての活動**: 又吉は漫画や小説などの執筆活動も行っており、2015年には処女小説「火花」で第153回芥川賞を受賞しました。この小説は後に映画化もされました。
- **俳優としての活動**: 又吉は俳優としても活動し、舞台やテレビドラマ、映画などに出演しています。彼の役柄は幅広く、コメディからシリアスな役柄まで演じています。
- **マルチな才能**: 又吉はその才能を多方面に活かし、お笑い芸人、作家、俳優として幅広い活動を展開しています。彼の独自の視点やユーモアセンスは多くのファンに支持されています。
又吉直樹は日本のエンターテイメント界で活躍するマルチな才能を持つ人物であり、彼の活動は多くの人々に影響を与えています。
この名言集を投票しました!

自分に過度な期待をしない

名人・名言集

★ 月が凄く大きくて感動した。ただ、それを誰かに伝えたいという無邪気な欲求が自分から消滅していて寂しい

名人・名言集

★ 『赤い屋根』という一風変わった名称の建物があった。その二軒隣の建物の屋根も赤かった。『赤い屋根』の屋根よりも赤かった

名人・名言集

★ 雨のおかげで、「まだ降ってましたか?」と話し掛けて貰えた

名人・名言集

★ 家にはCDが大量にあるため、聴きたい曲が直ぐに発見できない。で、昔よく聴いてたのCDをタワレコに買いに行った。『あじさい公園…あじさい公園…あじさい公園…全然無いなぁ』と思ったが、それはパンサー向井の前のコンビ名だった。僕が聴きたいのは、『残像カフェ』全然違う。いや似てるのか

名人・名言集

★ 少し早いですが、来年の目標が決まりました。もう一度、50mを6秒台で走ります。理由は聞かないで下さい。理由を今、考え中ですので

名人・名言集

★ 僕はネットの評判は一切気にしないですね。というか、全く見ないので

名人・名言集

★ 小説って特定の層やマニアだけに向けたエンターテインメントじゃなく、全員に平等に開かれているものなので、気楽に手に取ってもらえるきっかけになっているならありがたいです

名人・名言集

★ (相方の綾部さんは火花について何かおっしゃってますか?)一緒に書いたことにしようとしてますね。「今年からギャラを折半にしよう」と言い出しています(笑)

名人・名言集

★ 本も音楽も服も好きですけど、アパートを見に行ったりもします。神社とか寺も好きですけど、古いアパートとか変わった建物が好きなんですよね

名人・名言集

★ お笑いに入ったきっかけというきっかけは特に無いんですけど、小学校からお笑いが好きで、芸人になりたいなと思ってて、悩みもせず葛藤もせず「やるもんや」と感じてました

名人・名言集

★ 本や小説って面白いなって思ってくれたら、誰か他の作家の小説でいいから、2冊目に行ってほしいです。(自分の小説が)そういうきっかけになればいいですね

名人・名言集

★ 小説書くのはめっちゃ楽しかった。どんどんできていく喜びがありますから。一回小説書いたら絶対癖になるみたいですね

名人・名言集

★ 「書きたいな」というテンションが上がってきた時に、何を書くかを具体的に考えた方がいいかと思っているんです

名人・名言集

★ 普段は1日で1万文字書けますが、小説は5時間ぐらい休まずに書いても原稿用紙で3枚とか4枚しか書けないんです。全然違う時間の流れ方をしていたのかもしれませんね

名人・名言集

★ 近代文学が好きなんです。太宰(治)、芥川(龍之介)、(夏目)漱石、谷崎(潤一郎)とかばかり読んでましたから、風景描写がやたら長い(笑)。会話以外は密度濃く書いてしまうんです

名人・名言集

★ (神谷と後輩の徳永という2人の芸人の壮絶さというものは普段から感じているのですか?)芸人ほどあほで楽な商売はないという人もおるかもしれませんし、こんな壮絶な人もいます。徳永が物事をシリアスに捉え過ぎるので、神谷がここまですごくなったのかも

名人・名言集

★ 僕は何かに反応することや摩擦の結果でしか、自分の考えていることを超えられないんです。10代のころから、偶然性とかに結構ゆだねてきたんで

名人・名言集

★ この登場人物ならなんて言うかなあと考えるんです。先輩芸人の神谷が「美しい世界を全力で壊す。ぶっ壊したらさらに美しい世界が、そこに現れるんや」と言いますが、書く前から頭の中にあったのは「美しい世界を全力でぶっ壊したら、笑いが生まれる」というところまで。でも、その後の「ぶっ壊したらさらに美しい世界が現れるんや」というのは神谷の言葉。それには自分でもびっくりしたんです。神谷の言った理論が今度は僕の中に入ってきて、さらには小説の構造全体に影響を与えていったんですよ

名人・名言集

★ 芸人の世界の先輩後輩の上下関係という設定だけ決めて、後は何の制限もつけずに(火花を)書きました。だからより自分に近い言葉でストレートに書けました

名人・名言集

★ エッセーを書いていたので、文章を書くこと自体は慣れていたんですけど、小説は全く違うもの。それでも、ある時急に書きたいという欲求が湧き上がってきたんです

名人・名言集

★ 二十代前半の頃、京王井の頭線の三鷹台に住んでいました。今日は、その三鷹台にある大学の学園祭に来てます。すぐ近くに、当時の大家さんの家があって、毎月家賃を持って行くと、五千円お小遣いをくれる優しい大家さんでした

名人・名言集

★ 最初の一言が、『ライオンのエサ見たことあるか?』だったなら、僕はその人の話を聞く

名人・名言集

★ 最初の一言が、『爬虫類を飼うしかなさそうな奴がこっちを見ていた』だったなら、僕はその人の話を一応は聞く

名人・名言集

★ 歩幅を間違えてました。自分は足が短いと肝に銘じよう

名人・名言集

★ 後輩のロシアンモンキーとマキシマムパーパーサムが解散する。面白いコンビの解散は寂しいけれど、この二組が僕達同世代の芸人に与えた影響と功績と痕跡は絶対に消えない。ただ、彼等は四人とも僕が真面目な話をすると『ボケろや!』とか言うてくる鬱陶しい部分もある

名人・名言集

★ 皆でご飯を食べたあと、タクシーに乗った。運転手さんに、『なに食べてきたの?漬物の腐ったような臭いがするけど、不味くなさそうだな』と言われました。正直、怖かったです

名人・名言集

★ フルーツポンチ村上から、「中村文則さんの『教団X』を読み終えたんですが、凄すぎて、興奮して電話してしまいました。今から、もう一度読みます」という電話があった。本当に凄い小説。僕も同じように二回読んだ。そして、村上に触発されて三回目に突入している。破格の面白さ

名人・名言集

★ 今から、吉祥寺の『百年』で、キャラバンの難波麻人と話してきます。難波とは中学の同級生です。中1の時、お気に入りの自転車にまたがった難波は、格好いい表情で「見とけ」と僕に言うと、急な坂道を凄まじいスピードでくだって行き、転んで骨を折り、ひと夏を無駄に過ごしました。あほでした

名人・名言集

★ 「ぺぺ」、「ペペロ」、「ペペロン」、「ペペロンチ」、「ペロ」、「ロン」、「ロンチ」、「チーノ」、「ロンチーノ」。9人の名前にわけることが出来るペペロンチーノを下北沢で食べています

名人・名言集

★ 沖縄花月の合間に、近くの商店街を歩いていたら、「直樹!」という声がして、振り返ったら親戚だった。そういえば、僕は直樹だった

名人・名言集

★ 吉祥寺で、おばさんに「ピースの又部さん」と声をかけていただきました。おしいです。今はまだ、「綾吉」です。夜に「又部」になります。週末「又吉」に戻ります

名人・名言集

★ 映画館で、品川ヒロシ監督の『Zアイランド』を観た。すごく面白かった。何度も声を出して笑った。なのに、夢に出てきそうなほど怖かった。笑いと恐怖と興奮が、色々な人生を巻き込んで、さらに大きな感情になっていった。俳優さん凄い。先輩も凄い

名人・名言集

★ 綾部さんから写真が送られてきました。『an・an』は欲しいけど、綾部さんの写真はいらないので本当にやめて貰いたいです

名人・名言集

★ 35歳になりました。20代の時、占い師が僕の手相を見ながら、「34…35、あっ!」と言ってました。帰り際、「身体に気をつけて」と言われました。びびらせんなや、と思いました

名人・名言集

★ 今日は、尊敬する太宰治の誕生日です。僕が上京してから、桜桃忌に雨が降るのは初めてではないでしょうか。いつも、好き勝手言わせていただいて、本当に感謝しています

名人・名言集

★ 山下澄人さんの『鳥の会議』という小説を読んだ。凄く面白かった。読んでいるうちに、少年の頃、日常だった恐怖、声、情景が身体のなかで膨らんでいった。友達には絶対に読んで貰う。読後に感じたことを共有したい

名人・名言集

★ ひさしぶりにシンナー吸うてる奴を見たと思ったけど、すれ違う時によく見たらベビースターを丁寧に食うてる若者やった

名人・名言集

★ せきしろさんの新刊『海辺の週刊大衆』を読んだ。無人島に流れ着いた一人の男。側には1冊の「週刊大衆」だけがある。この小説の設定を聞いただけで僕は笑った。読んで更に笑った。どんな状況にあろうとも、面白いことを考え続ける人、考えてしまう人がいる。そんな人が僕は好きだ。泣けるほど好きだ

名人・名言集

★ 最悪な少年の『それくらいで事足りる恋だった』というCDを繰り返し聴いているのですが、だいぶ刺さりますね

名人・名言集

★ 自称文学青年、文学少女と名乗る輩と出会い好きな作家を問われ『太宰治が好き』と答えたとする。すると9割以上の確率で『あ~昔読んだわ』とか『あ~若い頃読んだわ』と返され、そしてなぜかやったった感を出される。先に読んだ方が偉いルールなどは無い。順番などどうでもよい。重要なのは何を感じるかだけだ。彼等がなぜ青春時代の通過点として太宰を捉えたがるのか?それは一昔前の批評家が太宰の一部の作品に対して発した言葉が簡略化され迷信の様にてきとうに出来上がってしまった定説を鵜呑みにしてしまったからである。彼等は可哀相な被害者達でもあるのだ。いずれにせよ読んで恥ずかしい本など無い

名人・名言集

★ チューリップって本当にチューリップですね

名人・名言集

★ 夏目漱石の「吾輩は猫である」や「坊ちゃん」、太宰治の「お伽草紙」など、落語っぽい話は今読んでも面白い。それは多分人間の表層じゃなくて、本質的にずっとおもろい所。滑稽さみじめさ、笑うしかないわ~ってことが書かれているので、そういう所は参考になるのかもしれないですね

名人・名言集

★ 言葉を使うという意味で、共通するとこは多いのかな~と思いますね。お笑いが文学に与えている影響もでかいでしょうし、日本の文学の起源は落語にあったようなものなので、密接な関係にあるでしょうねぇ

名人・名言集

★ 本や小説の話は、僕の中でお笑いと密接です。お笑いには、落語、漫才、コント、大喜利、ロケ…っていろいろあるじゃないですか。これらって、職業分けされないのがおかしいぐらい、違った資質がいるんですよ

名人・名言集

★ 本も一緒で、読み重ねていくのに段階があって。まずは、書かれてある物語が純粋に面白い、言葉の選び方や言葉遣いが面白いとか、なんでもいいから楽しさを知ってもらいたい。とりあえず自分なりに好きに読んでみて、難しいことは後から分かっていけばいいんです

名人・名言集

★ 書評家の方や本読みのプロが書いた解説や書評って、本好きの人間からすれば、発見があったり、本を読むきっかけになったりします。けど、本の好きな人だけに向けて書かれている節があったりしますよね。そういうのになじみがない人が触れると、本はものすごいややこしいことが書いてある別の世界のもんやな、と苦手意識を持ってしまうと思う。読書は選ばれた人間しか味わえへんみたいな部分は、違うと思うんですよね

名人・名言集

★ 入口で面白くないと思ってしまったら、そこから面白さを分かっていくのはめちゃめちゃ難しい

名人・名言集

★ 難しいとか、俺には合わへんとか、面白くないって、例えばその時思ったとしても、それは自分がその本を読むタイミングじゃなかったり、能力がまだなかったりするだけで、面白くない本ってないんじゃないかと僕は思うんですよ

名人・名言集

★ 難しくて理解できない本に出会ったときに、一旦本を置くんですよ。それから100冊ぐらい本を読んで、もう一度その難しかった本を開いたら、文字がめちゃめちゃデカく見えるんですよ。読める!ってなるんですよ。わかるぞ!わかるぞ!!って読んでくと、活字が躍りだすっていう感じを超えて、自分が本の世界に360度入り込んでしまうみたいになるんですよ!

名人・名言集

★ スター選手がかっこ良くゴールを決める瞬間を見るのが一番面白いですし、それがサッカーの醍醐味

名人・名言集

★ 僕は、2週間でいいからみんなからキャー、キャー、言われてみたい。日本に来日したときのビートルズのように

名人・名言集

★ 怖かった。毎日、僕らに何ができるんやろう。何かできることからやろうと徐々に思うようになった…

名人・名言集

★ 自分に対する女心は、自意識が邪魔をしてわからないんです

名人・名言集

★ 女性の気持ちがわからない

名人・名言集

★ 僕にとってファッションは自意識との闘いなんです。どう見られるか、どう見せたいかじゃないんですよ。笑われるのを覚悟のうえで、断トツに尊敬してる志茂田景樹さんとかドン小西さんみたいに、好きな服を好きに着るのがオシャレだと思うんですよね

名人・名言集


1