icon川端康成 名人・名言集

由来:川端康成 名人・名言集
川端康成  名人・名言集
川端康成(かわばた やすなり、1899年6月14日 - 1972年4月16日)は、日本の小説家であり、1968年にノーベル文学賞を受賞したことで広く知られています。彼は日本の伝統美を西洋文学に紹介した作品で高く評価されています。以下に、川端康成の生涯、作品、そして影響について詳しく見ていきましょう。

生涯

**幼少期と教育**
- 川端康成は大阪府で生まれました。幼少期に両親を失い、祖父母に育てられました。この孤独な幼少期が彼の作品に影響を与えたとされています。 - 1920年に東京帝国大学(現在の東京大学)に入学し、文学を専攻しました。在学中に多くの文学者と交流を持ち、自身も文学活動を開始しました。
**文壇デビューと活躍**
- 1927年、短編小説「芋ヶ谷の秋」で文壇デビューを果たしました。その後、川端は「浅草紅団」(1929年)や「雪国」(1935年)などの作品を発表し、一躍有名になりました。 - 彼の作品は、日本の伝統的な美意識を背景に持ちながらも、モダンな視点を取り入れているのが特徴です。
主な作品

**『雪国』**
- 「雪国」は川端の代表作の一つであり、彼のノーベル賞受賞の決定的な要因となりました。この作品は、温泉地の芸者と都会から来た男の淡い恋愛を描いています。美しい自然描写と繊細な心理描写が特徴です。
**『千羽鶴』**
- 「千羽鶴」は、茶道をテーマにした作品で、日本の伝統文化を背景に、愛と喪失の物語を描いています。
**『古都』**
- 「古都」は、京都を舞台にした作品で、失われた過去や双子の姉妹の再会をテーマにしています。この作品も川端のノーベル賞受賞に寄与しました。
ノーベル文学賞

**受賞とその意義**
- 1968年、川端康成はノーベル文学賞を受賞しました。これは日本人として初めての受賞であり、日本文学が国際的に認められる大きな契機となりました。 - 受賞理由として、彼の作品が「日本の伝統美を西洋に紹介し、その繊細な感覚と深い精神性」が評価されました。
影響と遺産

**日本文学への影響**
- 川端康成の作品は、多くの日本人作家に影響を与えました。彼の美しい自然描写と心理描写は、日本文学の新たなスタンダードとなりました。 - また、彼の作品は日本の伝統文化を深く掘り下げ、現代に蘇らせた点でも評価されています。
**国際的な評価**
- 川端のノーベル賞受賞により、日本文学は国際的な注目を浴びるようになりました。彼の作品は多くの言語に翻訳され、世界中の読者に愛されています。
晩年と死

**晩年の活動**
- 川端康成は晩年まで精力的に執筆活動を続けましたが、次第に健康を害し、精神的にも不安定な状態が続きました。 - 1972年、川端は自宅でガス中毒により亡くなりました。彼の死因については、自殺と事故の両方が考えられています。
まとめ
川端康成は、日本の伝統的な美意識を現代文学に昇華させ、多くの読者に感動を与えた作家です。彼の作品は、繊細な自然描写と人間心理の深い洞察により、多くの人々に愛されています。川端のノーベル文学賞受賞は、日本文学が国際的に認められる大きな契機となり、その遺産は今もなお、文学の世界で輝き続けています。
この名言集を投票しました!

力を入れようと思った時には(作品は)済んじゃっているんです

名人・名言集

★ 自分は「怠け者」であり、川端文学は「怠け者の文学」である

名人・名言集

★ (太宰治について)作者、目下の生活に厭な雲あり

名人・名言集

★ 長い結婚は必ずしも出発に支配されない

名人・名言集

★ そう、君らにはわかるまいが、五十六十の堂々たる紳士で、女房が恐ろしくてうちへ帰れないで、夜中に外をさまよっているのは、いくらでもいるんだよ

名人・名言集

★ 四十歳五十歳という風に、十を境にして生涯を区切ることは、一種の便宜であり感傷であって、半ばは人間の緩怠の性癖に過ぎないだろう

名人・名言集

★ 後に残ったものの反省や後悔は、死んだ人の重荷になりそうに思いますの

名人・名言集

★ 親の生涯の成功か失敗かは、子供の結婚の成功か失敗かにもよるらしい

名人・名言集

★ 死んだ者の罪を問わないのは、今は生きていてやがて死ぬ者の、深い真理かもしれませんよ

名人・名言集

★ どんな花かて、見る時と場所とで、胸にしみることがあるもんや

名人・名言集

★ 一輪の花美しくあらば、われもまた生きてあらん

名人・名言集

★ たとえばどんなにいいことにしろ、それを知るべき年齢よりも早くそれを知れば、それは悲劇の色しか帯びない

名人・名言集

★ 自分の愛情は疑っても、嫉妬は疑わない

名人・名言集

★ あの作品は睡眠薬を飲んで書いたから、私にも訳わからないんですよ

名人・名言集

★ 自分の年とってゆくのを忘れさせてくれるのは子供しかないってことは、あらゆる生物の楽しい悲劇ですよ

名人・名言集

★ 画竜点睛といってね、結婚も確かに点睛の一つだよ。夫を持ったり、子供を持ったりする度に、人間の心の眼は開けてゆくものだよ

名人・名言集

★ 夫婦というものは、どこか親子だよ。時には亭主が父親のつもりになったり、時には細君が母親のつもりになったり。それでないと上手くゆかない

名人・名言集

★ 霊魂が不滅であるという考え方は、生ける人間の生命への執着と死者への愛着とのあらわれでありましょう

名人・名言集

★ いかに現世を厭離するとも、自殺は悟りの姿ではない。いかに徳行高くとも自殺者は大聖の域に遠い

名人・名言集

★ 男が家庭を持ちたいってのは思い切り阿呆になれる場所が欲しいからだ

名人・名言集

★ 犠牲を清らかならしめよ。自分を犠牲にした者は、自分を犠牲にしたことを忘れるのが、美しい犠牲の完成なのだ

名人・名言集

★ 日本の子供には、もっと孤独を教えないと、思想は生まれませんね

名人・名言集

★ 忘れるにまかせるということが結局最も美しく想い出すということなんだ

名人・名言集

★ 一輪の花は百輪の花よりもはなやかさを思わせるのです

名人・名言集

★ 夫を持ったり、子供を持ったりするたびに、人間の心の眼は開けてゆくものだよ

名人・名言集

★ ささいなことが私たちを慰めるのは、ささいなことが私たちを悩ますからだ

名人・名言集

★ 騙されないで人を愛そう愛されようなんてずいぶん虫のいいことだ

名人・名言集

★ 誰にもかれにも、同じ時間が流れていると思うのは間違いだ

名人・名言集

★ 一生の間に一人の人間でも幸福にすることができれば自分の幸福なのだ

名人・名言集

★ 健全な愛は健全な人にしか宿らないものだよ

名人・名言集

★ 僕は生きている方に味方するね。きっと人生だって生きている方に味方するよ

名人・名言集

★ 死んだ時に人を悲しませないのが、人間最高の美徳さ

名人・名言集

★ 人間は、みんなに愛されているうちに消えるのが一番だ

名人・名言集

★ 身も心も愛して欲しいのに、なぜ男は冷たいふりをするのよ

名人・名言集

★ 二人の結婚は美しかった。なぜなら彼女は離婚する力を持っていたから。二人の離婚もまた美しかった。なぜなら彼女は友達となれる心を持っていたから

名人・名言集

★ 何となく好きで、その時は好きだとも言わなかった人のほうが、いつまでも懐かしいのね。忘れられないのね。 別れた後ってそうらしいわ

名人・名言集

★ 別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます

名人・名言集


1