icon大谷翔平 名人・名言集

由来:大谷翔平 名人・名言集
大谷翔平  名人・名言集
大谷翔平(おおたに しょうへい)
生年月日:1994年7月5日
出身:岩手県奥州市
プロ野球選手
右投左打
投手と打者を本格的に両立する二刀流
身長:約193cm
出身高校:花巻東高等学校
NPB:北海道日本ハムファイターズ (2013~2017) 大谷翔平の名言集

近代プロ野球では稀な、シーズンを通して投手と打者を兼任する「二刀流(英: two-way player)」の選手。メジャーリーグベースボール(MLB) 日本プロ野球(NPB)両リーグで「1シーズンでの2桁勝利投手・2桁本塁打」を達成。MLBでシーズンMVP(最優選手賞)を2度受賞。近代MLBにおいて規定投球回数と規定打席数に到達した史上初の選手。 日本人によるMLBシーズン本塁打最多記録保持者(46本)。MLBにおいて日本人初のホームラン王獲得者。日本人メジャーリーガー最多本塁打数記録者。
2023年に開催された野球の世界大会2023 ワールド・ベースボール・クラシックではエース兼主砲として日本の優勝に貢献し自身もMVPを受賞した。 2021年タイム誌による「世界で最も影響力のある100人」 に、「アイコン(象徴)」のカテゴリーで選出された。2021年から3年連続で日本人の好きなスポーツ選手で1位を獲得。
2023年12月にロサンゼルス・ドジャースと結んだ10年総額7億ドルの契約は北米プロスポーツ史上最高額とされる。

**大谷翔平の評価と影響に関するまとめ**
大谷翔平はその卓越した技術とパフォーマンスによって、プロ野球界において圧倒的な支持を集めています。以下は、彼に対する評価と影響についての要点です。
1 **ファンからの支持**: - 2023年2月23日、テレビ朝日の『ファン1万人が投票 プロ野球総選挙』で「プロ野球史上一番すごい選手」に選出されました 。
2 **王貞治の評価**: - 王貞治は大谷の打撃について「ライフル的」だとし、そのパワーに日本の選手では見たことがないと絶賛しました。また、大谷の「ノーステップ打法」について、早めの準備が素晴らしいと評価しています 。
3 **松井秀喜の評価**: - 松井秀喜は大谷の打撃を「どの方向にもホームランを打てる」とし、自分とは異なるレベルのパワーヒッターだと称賛しています 。
4 **落合博満の評価**: - 落合博満は大谷の打撃練習を見て「凄い」と評価し、その独特なバッティング理論を説明しています。彼のスイングスタイルは日本の球界では異例でありながら、結果を残していることを評価しています 。
5 **マイク・トラウトの評価**: - マイク・トラウトは大谷の多才さと努力を高く評価し、彼のプレーを見ていることを楽しんでいると語っています 。
6 **ダルビッシュ有の評価**: - ダルビッシュ有は大谷の体力とその多才さを称賛し、彼の野球に対する情熱と努力を評価しています 。
7 **デビッド・オルティーズの評価**: - デビッド・オルティーズは大谷を「地球上でベスト選手」とし、その人間性も含めて高く評価しています 。
8 **商業的影響**: - 大谷がドジャースに加入した際には、彼と同じ背番号17を持つ中日ドラゴンズの柳裕也のレプリカユニフォームが品薄状態になるほどの人気を集めました 。
大谷翔平はそのパフォーマンス、技術、そして人間性によって、ファンやプロ野球界のレジェンドたちから絶大な支持と評価を受けています。彼の影響力は日本国内のみならず、国際的にも広がっており、その存在感は今後も増すばかりです。
この名言集を投票しました!

学校・中学校で伸び悩むということはないと思うので、それは心の持ちよう。必ずうまくなりたいという気持ちがあれば、必ず伸びる時期

名人・名言集

★ 野球をやっている子は、うまい選手を目標に頑張ると思うので、僕自身、それに値するような、目指されても問題のないような人間として、今後も頑張っていきたい

名人・名言集

★ プレーする側としては、夢を与えようとか、元気を与えようというのは、まったく考えていない

名人・名言集

★ (落ち込んでも立ち直る原動力は何か?)一番は球場に足を運んでくれているファンの人。結果が出る、出ないにかかわらず来てくださるファンがいる

名人・名言集

★ こうなりたいという目標に対して、諦め切れない気持ち

名人・名言集

★ 普通の生活では味わえない経験をさせてもらうのがうれしい

名人・名言集

★ 今日は良かった、今日はここが悪かったとかが出てくるのは、幸せなことだと思っている

名人・名言集

★ ファンの人も好きですし球団自体の雰囲気も好き。ただ、それ以上に勝ちたいっていう気持ちのほうが強い

名人・名言集

★ 打てない、打たれたとかで落ち込んだりすることもある

名人・名言集

★ フィジカルは野球をやる上で根本となる部分

名人・名言集

★ 野球をやめるその日まで強くなる

名人・名言集

★ 出力というのは必ずしも重さだけがもたらすものではない

名人・名言集

★ どんな場面でも、ボール球は見送る、ストライクは振る、振ったらホームランを打つ……常にそこを求めて練習していかなくちゃ

名人・名言集

★ ホームランを打てるからといって、三振してもいいわけでもない

名人・名言集

★ やれるかやれないかではなくて自分次第

名人・名言集

★ 打てるって分かってる打席で打っても面白くない

名人・名言集

★ 怖さ、プレッシャーあっての楽しさ

名人・名言集

★ ピッチャーはゲームを作れる、バッターはゲームを決めれる

名人・名言集

★ 誰しもが出来るところでやっても何の得にもならない

名人・名言集

★ 『思い』からどうやってやればいいのかなって生まれてくる

名人・名言集

★ (どうやったら身長伸びるんですか?)9時くらいには絶対寝てたんで、寝るのも好きでしたし、やっぱり睡眠大事

名人・名言集

名人・名言集

★※大谷選手の身長193cm

名人・名言集

★ 野球に対する取り組み方というところでは、もっと高く上に行きたい

名人・名言集

★ (高校時代の目標を球速)163kmと紙に書いて

名人・名言集

★ (目標などは)思うより書いた方が実行できると思う

名人・名言集

★ 真剣に僕のサインが欲しくて朝早くから来ている人もいます。これも仕事

名人・名言集

★ 野球を始めた頃から、他の子どもよりもボールが速い自覚があった

名人・名言集

★ 遠征で枕が変わっても寝られるし、移動の乗り物でもよく寝られるタイプ

名人・名言集

★ 10時間以上は寝ないようにしている

名人・名言集

★ だいたい6時間から7時間はトレーニングをしている

名人・名言集

★ 1日トレーニングできる日は、ランニングメニュー、ドリル、キャッチボール、バッティング、ウエイトというのがざっくりとした流れです

名人・名言集

★ シーズン通してフルに戦うための体力もまだまだ足りなくて、先輩方と比べると明らかに体ができていないと感じました

名人・名言集

★ (対戦したかったのは?)(昨季まで6年連続で打率3割以上をマークした)ロビンソン・カノ選手(マリナーズ)でした

名人・名言集

★ もっともこれは、日米野球で相手がこうだったからというのではなく、もともとそういう気持ちはありました

名人・名言集

★ オフに入るにあたり、改めて、やらなければならないと強く思ったことです。技術的なレベルアップもしなければいけないので、手を抜いているヒマも、遊んでいるヒマもないと

名人・名言集

★ 日米野球では広島の前田 健太投手や東北楽天の則本 昂大投手、あるいはオリックスの金子 千尋投手が持ち味を発揮されてました。そこから吸収したものもありますし、日本のトップクラスの投手なら、十分にメジャーでも通用すると思いました

名人・名言集

★ メジャーの右投手は、日本の右投手があまり投げない、左打者に対するフロントドア(内角のボールゾーンから変化してストライクゾーンへと入ってくるボールをメジャーではこう呼んでいる)を投げてくる

名人・名言集

★ メジャーのバッターは積極的で、初球からでも振ってきます。イニングの先頭打者もそうなので、入りに気をつけないとガツンとやられると痛感しました

名人・名言集

★ 日本のバッターは、2ストライクに追い込まれるまでは、狙い球を絞りながらじっくりというタイプが多く、見逃し三振も少なくありません

名人・名言集

★ ひとつはパワーですね。やはり日本人より優れています。もう1つは打席での積極性

名人・名言集

★ 常識にとらわれたくない

名人・名言集

★ ホームランは、20本は打ちたいです

名人・名言集

★ 打率はもっと上げなきゃいけないなとは思いますけど、僕にはホームランが必要ですね。そこが増えれば、必然的に打点も増えるし、チームの勝利に近づきますから

名人・名言集

★ バッティングの目標は難しいんですよね

名人・名言集

★ 自分の限界を作りたくない

名人・名言集

★ 大きいことを成し遂げたい

名人・名言集

★ 僕が去年、11勝して(チームが)3位だったということも考えれば、15勝以上。そこからさらにいくつ足せるかというのが一番です

名人・名言集

★ やっぱりチームが勝つ上でもっとも必要な数字はピッチャーの勝ち星ですし、僕の勝ち星が増えればチームの勝ち星も増えますから、個人として立てやすいのは、まず勝ち星かなと思います

名人・名言集

★ 防御率は去年の数字(2.61) よりも下げなきゃいけないんですけど、そこは今の自分よりもっと向上していければ、自然に下がってくると思います

名人・名言集

★ いい時はいい、悪い時は悪い。そういう割り切りも大事かなと……稲葉さんがそう言うんだから、逆に、ピッチャーの時もベンチでは自然体でいればいいんだと自分で思うようになりました

名人・名言集

★ 去年、シーズン最後の5試合くらいになって、もうちょっと抜いてもいいのかなと思うようになったんです

名人・名言集

★ 去年はそういう試合は多かったですね。特に、スコアリングポジションにランナーを置いても抑えられるようになってきているので、そうなると楽しくできるのかなと思います

名人・名言集

★ 去年、稲葉(篤紀)さんにそう言われましたね(笑)。『ピッチャーの時のお前はつまんねえな。入り込み過ぎるせいか、見ててあんまりおもしろくない』って

名人・名言集

★ 筋肉はピッチャーとして邪魔にさえならなければ、もっとつけても大丈夫かなと……バッターに必要でピッチャーをするのに邪魔な筋肉は、持っていても使わなければいいのかなと

名人・名言集

★ 今の僕の体は、まだ最低基準にも達してないと思っています

名人・名言集

★ 体を大きくすることによって得られる技術的な進歩は、バッターのほうが大きいんでしょうね。ただ、ピッチャーはそういうわけにはいかない。それがここから慎重にならなきゃという理由です

名人・名言集

★ バッティングは直接、筋力の作用する部分が大きいし、動きにも結果にも出やすい。打球が飛ぶようになれば、効果を実感できますからね

名人・名言集

★ 去年はかなり細かったし、やれるだけのことをやればよかったんですけど、これからは体重が120キロになったとして、その体をうまく使う作業が僕自身にできる実力があるのかといったら、そこがわからない。だから、ここからはちょっと慎重にならなきゃいけないなとは思っています

名人・名言集

★ 音合わせが済んで、全体のレベルが向上してきたと感じたのが6月くらいでした。これは、想像の範囲内でした

名人・名言集

★ ただ開幕の時点では、どのくらいの体を操れるスキルやセンスがあるのかまでは僕自身にもわからなくて……たとえば今の僕なら100キロの体重を操れても、一昨年の今頃の僕には、それを操るための力が全然、足りてなかったと思います

名人・名言集

★ ある程度、僕の中でやりたいことは開幕の時には終わっていました

名人・名言集


1