icon宇多田ヒカル 名人・名言集

由来:宇多田ヒカル 名人・名言集
宇多田ヒカル  名人・名言集
宇多田ヒカル(うただ ヒカル)本名:宇多田 光
生誕:1983年1月19日
出身:ニューヨーク
シンガーソングライター
日本の歌手、ミュージシャン、音楽プロデューサー
音楽プロデューサーの父・宇多田照實と歌手の母・藤圭子の下、アメリカ合衆国ニューヨークで生まれた。所属芸能事務所はU3MUSIC。所属レーベルはエピックレコードジャパン。ロンドン在住。
1998年末に15歳でCDデビューし、デビューシングル「Automatic time will tell」は、ダブルミリオンの大ヒットを記録。1stアルバム『First Love』は累計売上枚数765万枚を超え(オリコン調べ)、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか、2ndアルバム『Distance』では初週売上枚数が歴代1位となる300万枚(オリコン調べ)を記録している。2007年発表の「Flavor Of Life」は当時のデジタル・シングルのセールスにおいて世界1位を記録した。また、『日本ゴールドディスク大賞』「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を、2000年と2003年に受賞している。
2010年に「人間活動」として翌年以降の音楽活動休止を発表。結婚・出産を経て、2016年に活動を再開し、復帰作『Fantome』はその年の『Billboard JAPAN年間総合アルバムチャート』で1位を獲得したほか、『第9回CDショップ大賞』で「大賞」を、『第58回日本レコード大賞』で「最優秀アルバム賞」を受賞した。また、2018年に発売した7thアルバム『初恋』とその他の成果により、第69回芸術選奨で大衆芸能部門にて「新人賞」を受賞している。
2018年現在までに、『First Love』『Distance』『DEEP RIVER』『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL 1』『Fantome』の5作品がオリコンまたはBillboard Japanの年間アルバムチャートで1位になっている。
宇多田家の祖先は山口県にあり、父親が子どもの頃に家系図を見せられた際、由緒ある家の跡継ぎである事を説明されたという。郷土資料によると、山口県山口市徳地島地(旧佐波郡徳地町島地)に宇多田という大庄屋があり、広大な土地を所有していたとの記述が残っている。先祖には、寺内正毅第18代内閣総理大臣が居り、ヒカルは寺内正毅の曾姪孫にあたる。
本人のツイートによると、予定を3週間以上も過ぎた後もなかなか産まれなかったため、医師の判断で帝王切開したものの、ほぼ死産の状態だったとのこと。この時父親は医師から「残念ですが…」と告げられるも、懸命に名前を呼ぶと、徐々に血の気が入り蘇生したという。2020年10月、Twitter上で「アメリカの大統領選の在外投票の登録ギリギリ間に合った」と発言しており、日本とアメリカの二重国籍を維持していると思われる。
名前に関して、漢字表記ではなく片仮名の「ヒカル」と名乗った理由は、漢字だと何か堅い感じがするという意見がEMI社内で出たため。画数にこだわったのは、よい画数の名前であると言われていることによる。ちなみに元々の名前の由来は、母親(藤圭子)が網膜色素変性症のため、徐々に視力を失っていた時に授かった子であることから「我が子から光が失われないように」という願いを込め命名したと言われている。この他にも「いちご」や「めろん」、「すいか」が候補に挙がっていたという。ニックネームは「ヒッキー」(Hikki)。
身長に関しては、ある時に病院で正確に測ったところ、158 9cmであることが判明。今まで158cm(15歳当時の記録)であると公言してきたことから、2017年3月に出演したラジオ番組内で各所プロフィールの更新を求めた。2019年5月に過剰運動症候群と診断されたことを公表[173]。本人は「病気とかじゃないよ!」と投稿している。
2002年、19歳の時に紀里谷和明と結婚、2007年に離婚。2014年2月にイタリア人男性と再婚。2015年7月に第1子となる男児を出産したことを報告したが、2018年4月に離婚していたことが明らかになった(公式発表ではない)。
2021年6月26日、自身がノンバイナリーであることをインスタライブにて公表している。
この名言集を投票しました!

いつもとは違う部屋の中に見たくないものを置いておく

名人・名言集

★ 芸術は何かっていうと、抑制だよね

名人・名言集

★ 普通なことが特別で特別であることが普通なこと

名人・名言集

★ 他者同士だからさ、分かりあえなくて当然

名人・名言集

★ 私は自分がやりたいことをやっているだけ

名人・名言集

★ 生きてると後悔はつきもの

名人・名言集

★ (曲を)作ること自体が究極のセラピー

名人・名言集

★ 私、雑音がほしくて。綺麗なノイズのない環境が嫌

名人・名言集

★ 音楽やる上では、リアクションしかない。だからパッて出したものに対して、リアクションする。その繰り返しで、完成できる。

名人・名言集

★ いい子な自分と、悪い子な自分、みんな含めて一人の自分

名人・名言集

★ 自分にいろんな矛盾があることが当然

名人・名言集

★ どうしようもないことをコントロールしようとする気持ちが少ないのかも

名人・名言集

★ 自分自身がありのままでいられないから、ありのままであろうとする

名人・名言集

★ 歌詞を書いてて出てこない時って、頑張って出そうとして出てくるものじゃない

名人・名言集

★ 音楽は言語のルーツなんじゃないかな

名人・名言集

★ 大事なものは他者に求めてはいけないと思ってた

名人・名言集

★ (6thアルバム『Fantôme』について)必死に前へ進んだことで確かな自信を持てた一枚

名人・名言集

★ 人に気を遣う必要がない空間。だから音楽が好き。

名人・名言集

★ 他人の気持ちは分かんないから、存在しないものとする

名人・名言集

★ 自分と対峙する自分がいない

名人・名言集

★ 歌姫ってなんなん

名人・名言集

★ 楽観も悲観もしたくない、というか、できない。でもそれって楽観するよりも悲観するよりも難しいことなのかもしれない

名人・名言集

★ 周りが気付いてないモノに気付いた喜び

名人・名言集

★ こだわりと情熱だけで良い作品は作れないけど良い作品にこだわりと情熱は不可欠

名人・名言集

★ 生き方を考えることは死に方を考えることと同義

名人・名言集

★ (自身が手掛ける詞について)私はデビューの年齢が若かったせいもあって、以前は性に直接触れるのはタブーな気がしていた

名人・名言集

★ すごく自分を俯瞰するところある

名人・名言集

★ 音楽という場があって、本当に救われてる

名人・名言集

★ 母が亡くなってしばらくは、もう音楽なんて作れないと思っていた

名人・名言集

★ 自分らしくいないと

名人・名言集

★ 私は自分の考えを正直に音楽にしてきた

名人・名言集

★ 私も生き続けて見てもらえたらいい

名人・名言集

★ 母を亡くしたことや自らが母親になったことで、急激に大人にならざるを得なかった

名人・名言集

★ 後悔と罪悪感を切り離して、いくつかの後悔は大事な思い出とともにしっかり抱いて、誰も悪くないってわかってても抱えてしまう罪悪感は手放してあげよう

名人・名言集

★ 有名であることを心から楽しめません

名人・名言集

★ 私、テレビはほとんど観ないので、音楽チャンネルとかも観ない

名人・名言集

★ 自信を持って何かを信じて生きてる人って綺麗だなって思う

名人・名言集

★ やってみて上手くいかなければ、やり方を変えばいいだけだし

名人・名言集

★ 物事って動いていると止めにくいし、止まっていると動かしにくくなる

名人・名言集

★ 一時期は、何を目にしても母が見えてしまい、息子の笑顔を見ても悲しくなる時がありました

名人・名言集

★ 何か言葉じゃないものがあり、形にしようとする時、それが絵になる人もいるし、ダンスの人もいる。私は一度音楽を挟みます

名人・名言集

★ 無意識の影響を紐解いては、「何故なんだろう?」と追求したり、時には受け入れようとしたりする。それが私の歌詞の大体のテーマ

名人・名言集

★ (6thアルバム『Fantôme』について)今回のアルバムは亡くなった母に捧げたいと思っていたので、輪廻という視点から気配という言葉に向かいました

名人・名言集

★ (好きな食べ物は?)辛いものが好き。ベトナムやタイ、四川料理ね

名人・名言集

★ 母が亡くなったことで、これまで自分に課していた最も大きなセンサーシップが取り払われた

名人・名言集

★ 子どもの頃はすぐ乗り物酔いしてゲロ吐く体質

名人・名言集

★ (Never Let Goの詞について)他者を通して世界を理解しようとしていた。その他者が、私にとっては親だった

名人・名言集

★ 人は生きていく上で、最終的には他者との繋がりを求めますよね

名人・名言集

★ 私が人生で一いちばん感動した音楽はモーツアルトの『レクイエム』

名人・名言集

★ (鮮烈なデビューをしたことで)環境の変化や、それによって起きた様々なことがすごく辛くて。無理だと後悔したこともありました

名人・名言集

★ 初恋とは自覚した瞬間から、それ以前の自分の終わりでもある

名人・名言集


1