icon荒地の魔女 格言集

由来:荒地の魔女 格言集
荒地の魔女  格言集
荒地の魔女 格言集
スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション映画
『ハウルの動く城』(ハウルのうごくしろ)
キャラクター名:荒地の魔女
監督:宮崎駿
公開日:2004年11月20日
上映時間:119分
製作費:24億円
興行収入:196億円
日比谷スカラ座を筆頭に東宝系で2004年11月20日に公開された。
イギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』(原題:Howl s Moving Castle)を原作とし、呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの奇妙な共同生活が、宮崎監督により「戦火の恋」を柱として脚色され描かれている。
物語前半は比較的原作に準じているが、後半は原作には無かった戦争が付け加えられるなど全く違った展開になっている。原作者のジョーンズは「ハウルの性格を変えないように」とだけ注文をつけ、映画の感想を「とても素晴らしかった」「宮崎は私が執筆したときと同じ精神で映画を作った」と語っている。
スタジオジブリの宮崎駿監督の長編映画としては『魔女の宅急便』以来、15年振りとなる他者原作の作品となった。また、ヒロイン役を演じた声優が主題歌の歌唱を兼任したのは『紅の豚』でヒロインの1人であるジーナ役を担当した加藤登紀子以来である。
荒地の魔女は、50年前に悪魔と契約を結び、強靭な魔力と若さと美しさを手に入れました。 物語の冒頭でソフィーにかけた魔法も大変強いもので、かけた後で彼女が言った「その呪いは人には話せないからね」の言葉通り、ソフィーが自身にかけられた魔法について話そうとすると言葉がつっかえて何も話せなくなるというシーンがありました。 悪魔と契約を結んだことで、サリマン(王室付き魔法使い)によって王室から追放されていましたが、 物語り中盤にサリマンから呼び出され、50年ぶりに王室に出向きます。
階段を自力で登り切った荒地の魔女はくたくたで疲れ果てていました。 そんな時に見えたのは部屋の中央の椅子。一席のみ。 「ああ・・・椅子・・あたしんだよ!」と無我夢中で椅子に駆け寄り、どっかりと座ります。 この際ソフィーは別室へ。
やっと座れたと安堵した荒地の魔女ですが、なんとこれはサリマンの罠だったのです。 それまで消えていた部屋中のライトが一斉に点けられると、徐々に人型の影のようなものが 荒地の魔女を取り囲みます。ゆらゆらと踊っているようにも見えますね。
次のシーンでソフィーがサリマンとハウルについて話していると、サリマンの小姓(こしょう)によって荒地の魔女が部屋に連れて来られます。 なんとこの時、荒地の魔女はおばあちゃんとなっており、先程までの姿は見る影も無くなっていました。
サリマンによって魔力を失われた荒地の魔女。悪魔との契約を強制的に切られたため、魔力によって保たれていた若さや美しさもなくなり、見た目も本来の年齢通りとなったわけです。
サリマンが荒地の魔女に対して「その人も昔は、とても素晴らしい魔法使いでした。 悪魔と取引をして、長い間に身も心も食い尽くされてしまったのです。」と言っていたため、 作中には出てきませんが、荒地の魔女も良い魔法使いの時期があったということですね。
この名言集を投票しました!

荒地の魔女 格言集

荒地の魔女


あら、いいこと言うわねえ。じゃあ私が待っててあげるわ

格言集

★ いい男だねえ

格言集


★ 愛する者にキスされないと解けない呪いね

格言集


★ 仕方ないね、大事にするんだよ

格言集


★ あたしゃ知らないよ、何にも持ってないよ

格言集


★ ソフィーがいじめた、あたいのだぁ~

格言集


★ 心臓!心臓があるのかい?あっらぁ~

格言集


★ カルちゃんキレイだねえ

格言集


★ 珍しいわね、あなたが逃げないなんて

格言集


★ あらっハウルじゃない、あなたとはゆっくり話をしたいわね

格言集


★ 窓は開けない方がいいと思うよ、カルちゃんの力が弱くなってるからね

格言集


★ 年寄りの楽しみをとるもんじゃないよ

格言集


★ バカ者だけさ、信じるのは

格言集


★ サリマンなんかにハウルは渡さないよ

格言集


★ のぞき虫かい、サリマンも古い手を使うね。カルちゃん燃やして

格言集


★ 男なんか仕方のないものだけどね、若い心臓はいいよぉ

格言集


★ 恋だね、あんたさっきから、ため息ばかりついてるよ

格言集


★ きれいな火だねぇ

格言集


★ いい男だねぇ

格言集


★ ハウルが来るのかい?欲しいよ、ハウルの心臓欲しいよ

格言集


★ 何よ薄情者、今度はもっとヨボヨボにしてやるから

格言集


★ あたしゃね、ここを追い出されてから50年もね、荒地でこの日が来るのをずーっと待ってたんだ

格言集


★ 何であんな元気なの?

格言集


★ サリマンめ、魔法陣など仕掛けて、私に階段を上らせる気かい

格言集


★ あらダメよ、私は呪いはかけられるけど解けない魔女なの。お先に失礼

格言集


★ 私は王様に呼ばれているの。サリマンのバカもいよいよ私の力が必要になったみたいよ

格言集


★ そりゃあ良かったわねえ。ところであなた、何で王様の所へ行くのよ

格言集


★ ハウル元気かしら?

格言集


★ ハウルに手紙届けてくれてありがとう

格言集


★ お久しぶり、あの時の帽子屋さんでしょう?

格言集


★ ハウルによろしくね

格言集


★ 荒地の魔女に張り合おうなんていい度胸ね

格言集


★ 安っぽい店、安っぽい帽子、あなたも充分安っぽいわねえ

格言集


 黒い毛皮をあしらったドレスに宝石を着けた、裕福な婦人のようだが、輿に体を押し込んでやっと乗れるという程の肥満体型である。

粘液状の黒い人型の使い魔なしでは、何をするのも一苦労といった様子であり、使い魔が使えない王宮の階段を上る際はかなり苦労していた。

若さと美しさに執着し、高い魔力を誇るハウルの心臓を狙っており、王宮を追放した王室付き魔法使いサリマンのことを恨んでいる。

中盤では、全ての魔力を奪われて実年齢の老婆の姿に戻され、肉体的、精神的ともに老化してしまい、その成り行きで「動く城」に住む事になり、ソフィー達には「おばあちゃん」と呼ばれて介護されている。

当初は完全な悪役といった体だったが、終盤ではソフィーらに助言を与えるなどしており、徐々に優しさを見せていった。


また、老いた割には勘の良さやメンタリティは健在であり、ソフィーの母の手荷物に混入していたサリマンの使い魔を見抜いた上、一緒に入っていたタバコを嗜んでいた。


その後
サリマンに魔力を失われ、本来の年齢の見た目となってしまった荒地の魔女ですが、
ソフィーとハウルが王室から逃げ出す時に一緒について来てしまいます。

お城で一緒に暮らすことになった荒地の魔女ですが、ソフィーから食事の介助を受けながら、カルシファーを見て「きれいな火だねえ」と嬉しそうな様子が見れます。

その後も色々ありますが、エンディングでマルクルとヒンが遊んでいる庭を見ながら、カルシファーの側に座ってる荒地の魔女が見れました。平和な毎日という感じでなんだか安心しますね。

まとめ
いかがでしたでしょうか。

強靭な魔力と若さと美しさを持っていた荒地の魔女ですが、サリマンによって悪魔との契約を切られ
魔力を失い、本来の年齢通りとなった荒地の魔女。

物語の前半と後半で印象が大きく変わってしまいましたが、そこにはこんな理由があったのですね。
最終的にはとっても可愛いおばあちゃんになって、とても愛しいキャラクターです。


1