一禅読みもの FX初心者は少額から始めよう! 失敗しないための運用方法を解説

由来: FX初心者は少額から始めよう! 失敗しないための運用方法を解説 阅覧:

【初心者向け】FXの基礎知識FX取引を既に経験されているFX投資家であっても、そもそもFXとはどういった投資なのかを理解されていない方も少
この記事を収集して! 収集する
FX初心者は少額から始めよう! 失敗しないための運用方法を解説

【初心者向け】FXの基礎知識

FX取引を既に経験されているFX投資家であっても、そもそもFXとはどういった投資なのかを理解されていない方も少なからずいらっしゃいます。ここでは初心者の方がいまいちよく理解できない基本的なことをご紹介しますので、この機会にFX取引の基礎を是非身に着けておきましょう。

そもそも、FXとは?

FX(エフエックス)とは、「Foreign Exchange(外国為替)」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)」と呼ばれています。米ドルやユーロなどの外貨を売買して、買値と売値の差益を得ることを目的に行う取引です。

FXの取引の特徴

米ドルと日本円、ユーロと日本円といったように2つの国の通貨を1つのペアとし互いの通貨を交換することで取引を行い、為替レートが安いときに通貨を買い、高いときに売ることで利益を得られます

たとえば、米ドルと日本円の取引でしたら、1米ドル=100円(日本円)の時に買いその後110円まで上昇したら売ることで通貨単位1米ドルあたり10円の利益が得られます。仮に1万ドル分の取引を行っていた場合、10万円の利益が得られるわけです。(取引コストやスワップを考慮せず)

また、上記のような為替差益だけでなく、スワップ収益でも利益を得ることができます。スワップとは、2つの国の通貨を交換する際に生じる金利差調整分のことで、高金利通貨と低金利通貨の通貨ペアで高金利通貨を買ってそのポジションを持ち続けると、金利差分の収益を得られます

為替差益、スワップ収益と並んでFX取引の大きな特徴として、少額の資金で大きな取引ができるレバレッジ効果というものもあります。

これはたとえば、1米ドルあたりの価格が100円の時に1万ドル分を銀行で外貨預金をしようとすると、日本円で100万円が必要(=100円×10,000ドル)ですが、FX取引ではレバレッジを効かせることで自己資金の最大25倍の取引ができますので、4万円の必要資金で100万円分(4万円×25倍=100万円)の米ドルの取引が可能となり、非常に資金効率が良い金融商品です。

FXのメリット

たとえば現在、ドル/円の取引で1米ドルあたり100円だとします。今後、円安(=ドル高)になって110円まで上昇すると予想するなら今のうちに米ドルを買っておけば、予想通り110円まで円安(=ドル高)になったときに売れば1米ドルあたり10円分の利益を得られることになります。反対に90円になってしまった場合は、10円分の損失となりますので注意が必要です。

では、円高(=ドル安)になって90円まで下落すると予想した場合は、投資を控えたほうがよいのでしょうか?

実は、FX取引では円高(=ドル安)局面でも利益を狙うことができます

現在1米ドルあたり100円の時に、新規買い注文ではなく新規売り注文をすることで、米ドルが高いとき(100円)に売って、その後安くなったら(90円)買い戻すことで、同様に差額の10円の利益を得られることができるのです。よって、円安、円高に関係なく、どんな値動きでも利益を狙うことができるため、投資機会を多く狙える取引ともいえます。

また、米ドル、ユーロ、日本円などの各国の通貨は世界中で取引されているため、外国為替市場は基本的に平日24時間取引を行うことができ、たいていのFX会社が無料のスマホアプリを提供していますので、インターネット環境があれば、どこでも取引可能です。

さらにFX会社の多くは取引手数料が無料ですので、投資家にとって魅力的な金融商品と言えるでしょう。

少額からでもFXを始められる理由 

前述したように、FX取引はレバレッジを効かせて(個人口座においては最大25倍のレバレッジ)、少額で取引を行うことが可能です。ここでは、レバレッジ効果と資金効率について具体例をあげながら見ていきましょう。

 

たとえば、1米ドル100円として25倍のレバレッジで米ドルを1万通貨(1Lot)購入し、1米ドルにつき1円の為替差益が発生したとしたら、4万円((1万米ドル×100)÷25)の証拠金で「1万通貨×1円=1万円」の成果が得られたことになります。

もしも、同じタイミングで外貨預金への預け入れと換金を行ったとしたら、同じく1万円の利益を得られます(実際には、為替手数料に相当するコストがFXよりも割高なので、その分だけ手取りは減る)。ただ、外貨預金はレバレッジを効かせられないため、100万円を用意しなければこの取引は行えません。

このように、レバレッジを効かせると、少ない証拠金で効率的に利益を追求できるわけです。たとえ手元にある余裕資金が少額であっても、もっと大きな金額の取引を行えるので、他の外貨運用商品と比べてもFXはチャレンジしやすいと言えます。

しかし、「高い倍率のレバレッジだと、リスクも高くなって怖い」というイメージを抱いている人が多いかもしれません。果たして、本当にそうなのでしょうか?



この記事を収集して! 収集する
1