一禅読みもの投資上級者が資産運用にFXを取り入れている3つの理由

由来:投資上級者が資産運用にFXを取り入れている3つの理由 阅覧:

FX(外国為替証拠金取引)と聞くと、「ハイリスク」「ギャンブル」「デイトレード」のようなイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし
この記事を収集して! 収集する
投資上級者が資産運用にFXを取り入れている3つの理由

FX(外国為替証拠金取引)と聞くと、
「ハイリスク」「ギャンブル」「デイトレード」
のようなイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかし、FXを資産運用にうまく取り入れることで、今の投資のリスクを抑えたり、高い金利で資産を運用している投資家もたくさんいます。
ここでは彼らがFXを活用する理由とその仕組みについて理解していきましょう!

そもそもFXとはなにか

FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。米ドルと円、ユーロと円など、通貨を交換する取引のことです。
例えば持っている円を米ドルに交換したとすると、自分の資産が「米ドル」となるので為替の動きによって日本円での価値が変動します。

円安になれば利益になるし、円高になれば損がでちゃうってことね。

外貨預金や、海外旅行に行くときなどに使う外貨両替と同じような仕組みになりますが、FXはあらかじめ預けた資金の最大25倍もの金額で取引が出来る「レバレッジ」という仕組みがあるために、大きな金額の取引が出来る反面、「リスクが高い」というイメージが付きがちです。
また、「持っていない通貨を売る」という取引が出来るのもFXの特徴です。

FXを取り入れる理由

理由その1 持っている資産の為替リスクを軽減

例えば投資信託や株式でアメリカの商品に投資をしているとします。
せっかく株価が上がったとしても、同時に為替が「円高」になってしまうと、その株式の日本円での価値は目減りしてしまうため、実際の利益は株価の上昇分よりも小さくなってしまいます。

「株価は上がっているのに資産はマイナス」なんてことも・・・

そこで、FXを使えば「米ドルを売っておく」という取引が出来るため、もし円高になってしまった際には投資信託や株で逃してしまった為替の損失をFX側で取り戻すことが出来ます。
つまり、為替のリスクをFXで軽減することで、「純粋な株価上昇分の利益をそのまま得る」ことが出来るのです。

理由その2 余っている日本円を高金利通貨に換えて金利をゲット

FXの特徴として、「持っている通貨の金利を受け取れる」というものがあります。
例えば日本円を米ドルに交換している場合、金利の低い日本円と金利の高い米ドルの金利差を受け取ることが出来ます。
これを「スワップ」といいます。

日本は金利が低いから、ほとんどの通貨でスワップが受け取れる!

しかもスワップは毎日受け取れるため、
余っている日本円を高金利の通貨に交換して持っておくことで金利をザクザク生むような仕組みを作ることが出来ます。
※為替によって元本も変動するので注意が必要です。

理由その3 純粋な通貨への投資

最後に、純粋な通貨への投資として活用するパターンです。
経済成長する国の通貨は高くなる傾向があるので、今後高くなると予想(円安になると予想)する通貨がある場合は、FXを活用してその通貨へ投資をしておくことが出来ます。
「どの企業の株が上がるかは分からないけど、とにかくこの国の通貨は価値が上がる」と思う国があれば是非検討したい投資方法です。

金利も得ながら通貨の上昇分の利益も狙える!

「FX」というイメージが少し変わったのではないでしょうか?
使い方によって「ハイリスクハイリターン」な方法から、「リスク分散」としての方法まで、FXは幅広い活用法があります。是非このFXという仕組みをうまく使って「投資上級者」を目指してみてはいかがでしょうか?



この記事を収集して! 収集する
1