一禅読みものFXの「1,000通貨」とは?取引単位と必要証拠金について解説

由来:FXの「1,000通貨」とは?取引単位と必要証拠金について解説 阅覧:

「FXを始めたばかりの人は、「大きな損失を出したくない」「できれば少額で始めたい」と考える人も多いでしょう。本記事では、FXの1,000通
この記事を収集して! 収集する
FXの「1,000通貨」とは?取引単位と必要証拠金について解説

「FXを始めたばかりの人は、「大きな損失を出したくない」「できれば少額で始めたい」と考える人も多いでしょう。本記事では、FXの1,000通貨について詳しく説明し、取引単位や必要証拠金などを解説していきます。


この文章は、FX(外国為替証拠金取引)に初めて取り組む人向けに、1,000通貨取引に焦点を当てた情報を提供しています。以下は文章の要点となる部分の解説です:

### 1,000通貨取引の特徴とメリット:

1. **最小取引単位:** 1,000通貨は、FXでよく見られる最小取引単位であり、各FX会社が設定している通貨の取引単位の一例です。

2. **メリット:**
    - **少額から始められる:** 少額の資金でもFXを始められ、1,000通貨取引なら1万通貨取引の約10分の1の資金で取引可能。
    - **損失を最小限に抑えられる:** 少額の資金でも損失を抑えられ、精神的に余裕を持った取引が可能。
    - **コツコツと利益を積み上げられる:** 少額で複数のポジションを保有し、こまめな利益確定で着実に利益を積み上げることができる。

3. **必要証拠金:** 取引単位が大きいほど必要証拠金も大きくなるが、1,000通貨取引なら資金を抑えて始められる。

### 1,000通貨取引の注意点:

1. **大きな利益は期待できない:** 取引数量と損益額は比例するため、1,000通貨取引では大きな利益を期待するのは難しい。

2. **レバレッジに頼りすぎない:** レバレッジをかけた1,000通貨取引でも、ポジションを持ちすぎないように注意が必要。ロスカットに備えることが重要。

### SBI FXトレード:

- **最小取引単位が1通貨:** SBI FXトレードでは1通貨から取引可能で、少額の資金でFXを始めたい人に適している。
- **必要証拠金が低い:** 米ドル/円で1通貨取引なら、約4円の必要証拠金で取引可能。

### 損益の例と結論:

- **損益の例:** 米ドル/円で1,000通貨取引した場合の値動きに応じた損益のシミュレーションが提供されている。
- **結論:** 1,000通貨取引で月数千円以上の利益は可能だが、初心者には高いハードルがある。

### まとめ:

- **FX初心者に向いている:** 少額で始められ、損失リスクを抑えながら経験を積むのに適している。
- **SBI FXトレードがオススメ:** 少額の資金で始めたい場合は、SBI FXトレードが1通貨から取引可能で検討に値する。

文章全体として、FX初心者が1,000通貨取引から始める際のメリットや注意点が丁寧に解説されています。


FXにおける1,000通貨とは

「1,000通貨」は一般的によく見られる最小取引単位

FX会社は、通貨の取引単位を各社で設定しており、「1,000通貨」は一般的によく見られる最小取引単位です。

中にはSBI FXトレードのように「1取引単位=1通貨」で取引できる場合もあります。

最近では、1,000通貨以下の最小取引単位に設定しているFX会社もあるため、各社が設定している最小取引単位をチェックしてみてください。

1,000通貨取引のメリット

FXの1,000通貨取引は、「少ない資金でFXを始めたい人」や「FXを覚えたての初心者」などに選ばれています。

1,000通貨取引のメリット

それぞれのメリットを、さらにイメージしやすいように解説していきます。

少額の資金でもFXを始められる

数千円の少額の資金でもFXを始められるという点は、1,000通貨取引の大きなメリットです。

1,000通貨取引であれば、1万通貨取引の約10分の1の資金でFXを始められます。

小額からFXを始められる

生活資金の一部でFXを始めたい人や、まずは少額でFXの世界を体感したい人にもオススメです。

損失を最小限に抑えられる

少額の資金でもFXを始められる1,000通貨取引なら、もしも想定と逆方向に相場が動いた場合でも、1万通貨などでの取引に比べて損失を抑えられます。

FXでは、通貨を多く保有するほど見込めるリターンも大きくなります。その反面、急激な相場変動で大きな損失に繋がるリスクもあることも理解しておかなければなりません。

大きな損失を出したくないという人は、1,000通貨取引で損失をある程度限定することで、精神的に余裕を持った取引が可能になります。

コツコツと利益を積み上げられる

1,000通貨取引で、「少額の資金で複数のポジションを保有する」「こまめな利益確定でコツコツ利益を積み上げる」といったことも可能です。

FXの経験がまだ浅く、大きな資金を動かす余裕がない人でも、少額でさまざまな取引方法を試みることができます。

短期で瞬発的に大きな利益を狙うのではなく、長期スパンで地道に利益を出したい人は、1,000通貨取引から始めてみてはいかがでしょうか。

FXの経験がまだ浅く、大きな資金を動かす余裕がない人でも、少額でさまざまな取引方法を試みることができます。

SBI FXトレードでは、最小取引単位が「1通貨」となっているため、さらにリスクを抑えてFXを始めることができます。

           

1,000通貨で取引する場合の必要証拠金について

FXを始める場合、1通貨あたりの証拠金をFX会社に預けなければ取引できません。

必要証拠金とは、レバレッジ25倍をかけた、FXを始める際に最低限必要になる担保のようなものです。

1,000通貨で取引する場合、以下の計算式で必要証拠金を求められます。

必要証拠金の計算式

取引単位が大きいほど必要証拠金も大きくなるため、1,000通貨取引の場合は資金を抑えてFXを始められるということです。

1ドル100円で取引した場合の例

仮に、1,000通貨で1ドル100円の取引をした場合、必要証拠金は以下のように求められます。

1,000通貨で1ドル100円の取引をした場合の計算式

最小取引単位を1,000通貨に設定しているFX会社では、必要証拠金4,000円で取引を始められます。

従来の1万通貨取引の場合、必要証拠金は10倍となる約40,000円が必要なため、1,000通貨ならFXを始めるハードルが一気に下がるということです。

その他の通貨ペアの証拠金を比較

必要証拠金は最小取引単位だけでなく、為替レートによっても変動します。

以下の表は、代表的な通貨ペアの為替レートを仮定した、1,000通貨取引の必要証拠金をまとめたものです。

1,000通貨取引の必要証拠金
通貨ペア
(仮定レート)
必要証拠金
(レバレッジ25倍)
1米ドル/100円4,000円
1豪ドル/80円3,200円
1ユーロ/125円5,000円
1ポンド/150円6,000円

上記のように、通貨ペアによって必要証拠金は数百円~数千円ほど変わってきます。1,000通貨での取引なら、FXの主要な通貨ペアの取引は10,000円あれば十分に始められます。

1,000通貨取引の損益の例を紹介

1,000通貨取引をする際、通貨ペアの値動きによってどのくらいの損益が出るか気になる人も多いでしょう。

通貨ペアの1銭の値幅は「1pips」と表し、損益額は以下の計算式で求められます。

1pips値動きした場合の損益額の計算式

1,000通貨取引でどのくらい利益が出るのか、どのくらい損失が出るのかをシミュレートしていきます。

値幅(米ドル/円)に応じ損益額をシミュレート

米ドル/円でポジションを取った場合、1pips〜100pipsの値動きで生まれる損益額は以下のとおりです。

1米ドル/100円の損益額|1,000通貨取引
値動き利益額損失額
1pips+10円-10円
10pips+100円-100円
50pips+500円-500円
100pips+1000円-1000円

上記のように、1米ドル/100円で1,000通貨取引をした場合、1円の値動きで約1,000円の損益 が生まれます。

値幅と取引数量を乗算するだけで簡単に損益額を求められるため、FXを始める前にシミュレートしてみましょう。

1,000通貨取引で月数千円以上の利益は出せるのか?

結論からいうと、1,000通貨取引で月数千円以上の利益を出すことは可能です。ただし、FXの知識やスキルが未熟な初心者には、かなり高いハードルになります。

1,000通貨は、一般的に最小取引単位として設定される数字であり、損益額も狭くなることを理解しておきましょう。

1,000通貨取引をする際の注意点

少額の資金でもFXを始められる1,000通貨取引でも、いくつか気をつけなければならないことがあります。1,000通貨取引の注意点をわかりやすく解説していきますので、取引をする際の参考にしてください。

大きな利益は期待できない

取引数量と損益額は比例するため、数量がかなり少ない1,000通貨取引で大きな利益を狙うのは現実的ではありません。

1,000通貨取引は、損失のリスクを抑えつつ、少額でも利益を得たい人に向いている取引方法です。これからFXのスキルアップを図りたい初心者には、少額から始められる1,000通貨取引はとても重宝するでしょう。

逆に、月間で数万円以上の利益を狙いたい場合は、取引単位をあげていく必要があります。

レバレッジに頼ってポジションを持ちすぎない

レバレッジをかけた1,000通貨取引なら、数千円からポジションを保有できるため、ポジションを持ちすぎてしまうケースもあります。

ポジションの持ちすぎによって管理が行き届かないリスクが生じ、ロスカットで損失が確定する可能性もあります。

ロスカットとは
FX会社が設定した一定の水準を上回る損失が発生した場合、さらなる損失の発生を抑制するために、保有ポジションが強制的に決済される仕組み。

レバレッジをかけた少額取引であっても、ロスカットラインは常に意識し、ポジションを管理できないほど持ちすぎないように注意しましょう。

SBI FXトレードなら1通貨から取引可能

FX会社によっては、1,000通貨以下で少額取引が可能です。

「SBI FXトレード」では、最小取引単位を「1通貨」に設定しており、必要最小限の負担に抑えたFX取引が実現します。

1通貨の取引額

たとえば、米ドル/円(1ドル100円)で1通貨取引をした場合、必要証拠金は約4円で済みます。約4円でリアル口座を使った取引ができるため、本番の環境でFXのスキルアップを図りたい場合には最適です。

できる限り少額の資金でFXを始めたい場合は、「1,000通貨以下の取引に対応しているかどうか」をチェックしてみましょう。

FX初心者は少額取引からはじめよう!

FX会社では、一般的に1,000通貨を最小取引単位とする会社が多く、少額でも取引を始められる環境が整っています。

1,000通貨での少額取引は大きな利益こそ期待できませんが、損失リスクを抑えられる大きなメリットがあります。

SBI FXトレードなら約4円からFXを始められます

FXに興味はあっても、大きな損失が出てしまうのが不安な人もいるでしょう。

1通貨取引に対応している「SBI FXトレード」なら、米ドル円(1ドル=100円計算)であれば、約4円(レバレッジ25倍)から本番の環境でFXを始められます。

損失リスクを抑えた取引で、FXのさまざまな取引方法を実践し、スキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。



この記事を収集して! 収集する
1