• ポイントカード
  • おみくじ
< >
心理と性格診断詳細>>
  • ご祈願・開運メニュー一覧>>
    読みものメニュー一覧>>
    金運神社詳細>>

    愛宕神社 ●京都●総本宮 愛宕神社 ●京...
    愛宕神社◆歴史大宝年間(701年 - 704年)に、修験道の祖とされる...

    拝観・厄除けメニュー一覧>>
    • 利益:釈迦如来は何か特化したご利益は謳われていませんが、人々を悟り...
    • 利益:あらゆる邪魔、障害を取り除いてくれるご利益がありとされていま...
    • 利益:敬愛(左手に意中の人の名を書いて持たせれば、恋愛が成就する)...
    • 利益:極楽への往生。敬愛。重病人の延命祈願。阿弥陀如来は死後の平安...
    名人・名言集メニュー一覧>>
    ムスカ 大佐 名言66選 セリフ詳細>>

    ムスカ 大佐  名言66選 セリフムスカの本名ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ(英: Muska)は、スタジオジブリの映画『天空の城ラピュタ』に登場する架空のキャラクター。
    スタジオジブリの映画『天空の城ラピュタ』に登場する悪役
    ムスカ大佐
    担当声優:寺田農
    英語吹き替え版:マーク・ハミル
    肩書き:大佐
    親戚:シータ 『天空の城ラピュタ』
    公開:1986年8月2日
    上映時間:124分
    製作国:日本
    興行収入:約11 6億円
    配給収入:5億8300万円

    ムスカの本名の意味が奥深い!耳ではなく目で確認すると何となく覚えられそうな気がしますけど、まず間違いなく明日になったら忘れています。
    シータと同様にラピュタ王家の子孫であるが、彼女とは対照的に、ラピュタの力を自らの手中に収め、新たなラピュタ王として全世界に君臨する事に強い野心を燃やす。ラピュタの記憶の大部分を喪失したトエル家(本家)出身のシータとは違ってパロ家(分家)出身のムスカは最初からラピュタの事をよく知っており、ラピュタの伝承を書き写した手帳を携帯していた。シータの一族は飛行石を受け継いできたが、彼の一族はラピュタの古文書を受け継いでおり、手帳に書き写していた情報は全てこの古文書からのものである。茶色の髪に金色の瞳という容姿で、視力は低く、度の入ったサングラスを掛けている。

    焦らない 格言集詳細>>

    焦らない  格言集 "焦らず "という言葉は日本語で、「急ぐことなく、ゆっくりと」という意味を持ちます。ここでは『焦らない』の名言集・格言集をお届け致します。焦燥感は避けたい…。ここでは『焦らない』の名言集・格言集をお届け致します。ことわざ 焦ることは何の役にも立たない。 後悔はなおさら役に立たない。 焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔を作る。

    焦らず進む方法は、以下のステップに従って行うことができます:
    1 目標の明確化: まず、焦らずに進むために達成したい目標を明確にします。目標を明確にすることで、それに向かって着実に進むことができます。
    2 計画の立案: 目標を設定したら、そのための計画を立てます。計画は、目標を達成するための具体的なステップや行動を含んでいます。計画を立てることで、焦らずに進むための方向性を持つことができます。
    3 スケジュールの設定: 計画を立てたら、それを実行するためのスケジュールを設定します。スケジュールを立てることで、目標に向かって進むための具体的なタイムラインができます。
    4 集中とゆとり: 作業や活動に取り組む際には、集中力を高めることと、同時にゆとりを持つことが重要です。焦りやストレスが生じないように、集中して作業する一方で、休息やリラックスの時間を取り入れることが必要です。
    5 進捗の確認: 進捗状況を定期的に確認しましょう。目標に向かって進む過程で、進捗を確認することで、自分のペースで進んでいることを実感できます。
    6 調整と柔軟性: 進行中に計画が変更されることがあります。その場合は柔軟に対応し、必要に応じて計画を調整します。焦らずに進むためには、状況に応じて柔軟に対応することが重要です。
    これらの方法を実践することで、焦らずに目標に向かって進むことができます。

    平櫛田中 名人・ 名言集詳細>>

    平櫛田中  名人・ 名言集 平櫛田中(ひらくし(又は ひらぐし) でんちゅう)
    本名:平櫛倬太郎
    出身:岡山県
    生誕:1872年2月23日
    彫刻家
    写実的な作風で、高村光雲、荻原碌山、朝倉文夫などと並び近代日本を代表する彫刻家の一人である。ゆかりの地で名誉市民とされているのは、故郷である岡山県井原市(1958年)、広島県福山市(1965年)、晩年を過ごした東京都小平市1972年)。作品を所蔵する施設として井原市立平櫛田中美術館、小平市平櫛田中彫刻美術館がある。
    死去:1979年12月30日
    107歳で亡くなった[1]時点では男性長寿日本一の人物だった。

    代表作は国立劇場のロビーにある『鏡獅子』のほか、『烏有先生(うゆうせんせい)』、小平市平櫛田中彫刻美術館ホールに立つ『転生(てんしょう)』などがある。

    このほかで有名な作品である『五浦釣人(いづらちょうじん)』は木彫りでなくブロンズ像で、岡倉天心が活動の拠点とした五浦海岸(現在の茨城県北茨城市)で釣りに出かける姿をイメージしている[10]。五浦の読みは「いづら」であるが、田中自身は音読して「ごほちょうじん」と呼んでいた[要出典]。

    JR福山駅南口で待ち合わせなどに使われる『五浦釣人』は同名の木彫像(茨城大学蔵)を制作するための石膏原型より鋳造され、作者本人により寄贈された作品である。明治から昭和戦前期にキャリアをはじめた木彫家の多くが、江戸時代までの直彫りではなく、修正可能な油土で構想を練りながら原型を作り、石膏で型取りして、そこからさらに星取り法(西欧由来で、日本では米原雲海が初めて木彫に応用した技法)で木彫に写すという方法で制作した。そのため、この釣人像はレプリカ(複製)ではなく、作者の選択した制作方法による「作品」である。

    東京都台東区の浅草寺の雷門の背面(境内側)には、彫刻家菅原安男による天龍金龍像が設置されている。1978年に松下グループ有志により寄進されたもの。平櫛田中は監修と題額の書を揮毫している。

    彫刻刀の切れ味にはこだわっていた。彫刻道具を専門とする彫刻鑿鍛冶にオーダーメイドで製作依頼をしていた。昭和7年頃には名人気質の職人である左村重の作る鑿や小刀も使っていたようだ[13]。戦前より親交があり、後に人間国宝となる宮入行平が彫刻刀を製作したこともあった。

    彫刻作品だけでなく名言も多く残しており、「田中語録」と呼ばれる。

    アンケート詳細>>
    クチコミ情報 コメント
    • 【件名】:占い的確です。

      【コメント】:いつもありがとう。占い的確です。アドバイスも嬉しです。また宜しくお願い致します。

      投稿日時:2024 /9 /28
    • 【件名】:今後の方向性を前向きに考えられるようになりました

      【コメント】:悩んでいた恋愛と趣味について、今後の方向性を前向きに考えられるようになりました。ぜひまたご相談させて頂きたいと思います。

      投稿日時:2024 /4 /22
    • 【件名】:深いところまで分かる先生

      【コメント】:納得の鑑定で、深いところまで分かる先生なのだなと思いました。

      投稿日時:2024 /4 /24
    • 【件名】:聞きたかったことを分かりやすく教えていただきました。

      【コメント】:鑑定ありがとうございました!ふわんとした雰囲気の癒し系の先生でした♪転職と恋愛、両方上手くいきそうな結果を頂いたので、自分を信じて進んでいこうと思います⭐︎意中の彼の姿が繭衣先生にも視えたようで、共有できてとても嬉しかったです♡また宜しくお願いします^^

      投稿日時:2024 /4 /14